2006年7月23日 (日)

手ぶらでウエストポーチ

出歩くには、手ぶらが最高。バッグは手が塞がるし、ショルダーバックは肩から落ちやすい。バックパックに入れるほどの荷物を持ち歩きたくない。
手ぶらなら、大手を振って散歩できる。素敵なシーンが目に入ったら、即デジカメ。電車や車の移動も煩わしくない。いつでも、どこでも、手ぶら。

冬場は、いい。ポケットがたくさんあるから、いろいろと収納できる。携帯電話、財布、小銭入れ、定期入れ、キーホルダー、ハンカチ、タバコ、携帯音楽プレーヤー、デジカメ、本……。本は別にして、これだけのものをポケットに入れている。

薄着の夏場は、困ったものだ。ポケットが少ない。無理に突っ込むと、ポケットが膨らんで歩きにくい。
そこで、20年近く前に買ったウェストポーチのお出まし。でも、デジカメと携帯電話入れたら、いっぱい。しかも仕切りがない。で、これに入るようなものしか持ち歩かないようにしていた。
本も入れば、と気にしていた。

久し振りに薬局に出かけ、キョロキョロ眺めながら歩いていたら、鞄屋が目に留まった。こんなところで鞄専門店、商売になるのか不思議だった。客入っている感じがしない。でも、店が呼ぶ。誰もいないから、店員さんに声掛ける。ウエストポーチ持っていたけど、ちょっと小さくて……。最初から、言い訳。店員さんも、見栄張りさんかと愛想がいい。小さくて、嵩張らないで、軽いもの、ショルダーにもなるものが、いいんだけど……。

これなどは? 安めの小さいものが渡される。いま持っているものと似ている。こっちは? ポケットも多く、携帯電話も脇に入ります。なるほど、これはいい。でも、厚みがある。腹が出ている感じになってしまう。二段腹になったら、お相撲さんだ。では、こちらは? 縦型で機能性がよさそう。チラッと値段を見る。ちょっと高い。でも、安物買いの銭失いよりいいか。20年振りの買い物だから。

Rimg0005_800 濡れても平気? 撥水加工が施されています。とにかく、ほかに客がいない。買う買わないを別にして、たっぷり店員さんにきく。破れやすいか、ショルダーにするには。とにかく優しく応対。すでに買うことを決め、あとは使い方などに関心は移っていた。

気持ちが落ち着くと、あとはふと気になる金額。彼女の嫌味が聞こえてくる、あったじゃないウェストポーチ。文句が出るのは、1回切り。そこを超えれば、呆れられるだけ。2,500円ならいいか、これと同じ新品をください、と注文。

7月 23, 2006 ファッション・アクセサリ | | コメント (0) | トラックバック (0)