« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月28日 (金)

久しぶりのふぐ刺

2014_11_28_01
当分食べることもないだろうと、河豚を注文。

いつから食べてなかっただろう。

ちょっとぜいたくすぎて、美味いかどうかわからない。

こんな感じだったかな。

旨さを味わえないまま鍋も終えてしまった。

もったいない!

11月 28, 2014 | | コメント (0) | トラックバック

2014年11月26日 (水)

UFOではありません

2014_11_26_01
飲み屋に入ったら、窓際の席。

素晴らしい夕暮れに思わずパチリ。

UFOが写っていた!



11月 26, 2014 携帯・デジカメ | | コメント (0) | トラックバック

2014年11月25日 (火)

内側から紅葉を見ると

紅葉が見頃になってきた。曇天だったが、近くの公園に出かけてみた。

日が当たる側を見て、なるほど美しい!と感動していたが、ふと、内側に入って見た。

まだ染まっていない葉が折り重なって見え、外側からとは異なる紅葉が現れた。

Img_1393
Img_1395

Img_1397


11月 25, 2014 | | コメント (0) | トラックバック

2014年11月23日 (日)

冬近し

だいぶ深
まってきた秋。
暖かいが、冬はすぐそこ。



11月 23, 2014 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック

2014年11月19日 (水)

「自分史・聞き書き録」を始めました

Kikigaki
最近静かなブームになっているのが自分史。60歳前後、第二の人生を前にして、自分の生い立ちや長年の趣味などをまとめる人が増えている。
以前、実家に帰り、子ども時代のアルバムや写真、文集などを探したことがある。東京に持ち帰り、読み始めると、懐かしい、懐かしい! 写真に写る顔、これ誰? 確か○○君。学校帰りにケンカしたなぁ、あれから気づまりになったっけ。これは、どこ? この文章、本当に僕が書いたの?
次々と思い出がよみがえり、あれこれと想いを巡らせているうち、すっかり時が過ぎてしまった。気がつけば夕方。日が落ちそうだった。
思い出を起こしたいと考えても、「何から始めればいいかわからない」「文章を書くのは苦手」と尻込みする方に、お話を伺って自分史にまとめるのが「聞き書き録」。自分史を本にしようというものだ。
生活に追われ、なかなか話すチャンスがないまま、いつか話そうと思ったことってあるはず。あらためて話す場を作っても、面と向かって語る言葉も少ないのが現実。「若い頃、あなたたちが知らない世界を生きていたんだ!」「これだけはあなたたちに残しておきたい」と語ってみたくなる。
それを形にするのが自分史本。喜寿や米寿などのお祝いに、そろった家族や孫にプレゼントするのもおすすめだ。
詳しくは、コスモメディのホームページ「悠気奏」をご覧ください。

11月 19, 2014 自分史 | | コメント (0) | トラックバック

2014年11月18日 (火)

NHK趣味Do楽「第8回 お得な情報を集めよう」「ゼロからはじめるデジタル講座 ネットでコミュニケーション」

第8回は、ネットコミュニケーションの活用編。SNSを利用すると、様々な情報を簡単に入手できる。これって、実にお得。そのあたりがテーマだ。

テレビ番組、特に報道関係の番組でいまや当たり前のように画面下部に現れる「ツイート」(つぶやき)。ニュースなどにいろいろな人が短いコメントを入れている、あれだ。これは、短文投稿サイト「ツイッター」でつぶやいているもの。

ニュースだけでなく、趣味や旅行など様々なことについてつぶやきがあり、誰でも簡単に読める。もちろん、つぶやくこともできる。最新の情報を手に入れるなら、ツイッターはおすすめ。

ツイッターは、インターネット検索より速く簡単に情報を入手できることがある。東日本大震災のとき、電話網がつながらないときに各地の情報を調べることができた。電車が停車して「どうした?」「いつごろ動く?」などといった情報も、「山手線 停車」などと入力すると、鉄道会社の公式発表より速くつぶやきで知ることができたりする。

マンションの大規模修繕工事に詳しい人を探す場合も役に立つ。インターネット検索なら、工事業者のホームページが並び、欲しい見積などの情報は探しにくい。ツイッターで専門家を探してメッセージ機能で声をかけると、優しくアドバイスしてくれることもある。

まずはツイッターで情報を見てみよう。


11月 18, 2014 映画・テレビ | | コメント (0) | トラックバック

2014年11月16日 (日)

しずかな里の秋

朝の散歩は、少し寒くなってきた。


秋が深まって来て、ふっと口ずさんていた。

しずかなしずかな里の秋

おせどに木の実の 落ちる夜は

ああ かあさんと ただ二人

栗の実にてます いろりばた

ところで、「おせど」ってなんでしょう?





11月 16, 2014 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック

2014年11月12日 (水)

NHK趣味Do楽「第7回 スマホをもって出かけると」「ゼロからはじめるデジタル講座 ネットでコミュニケーション」

写真は携帯電話やデジカメでも撮れるが、その場で離れた友人や家族に見せるのは一苦労だ。例えば、この季節といえば紅葉。黄色や赤に染まった山や坂道は、「いま」を伝えたいもの。

そこで、スマホが登場。撮れたての写真は、新鮮な息遣いといっしょに届くような気がする。メールで届けるより、交流サイトやブログに投稿すれば、多くの友人に見てもらえる。中には、写真にコメントを入れてくる人もいる。

投稿する写真をどれにしようかと悩ましいときは、複数枚いっしょに投稿するのもポイント。2~3枚なら送信にもそれほど時間がかからず、見た人には2倍3倍の感動を伝えられる。

複数の人ではなく、特定の人に見せたいといった場合は、交流サイトのメッセージ機能が重宝する。メールのようにほかの人には知られずに交流サイトを利用して、写真付きのメッセージを投稿できる。

外出先から投稿するとき、少し悩ましいのが文字の入力。時間に余裕があれば、腰を落ち着けて書くことができるが、そうとは限らない。場所や感動したことなど、ポイントだけを書くだけでも写真があれば、訴えるものがわかる。

外出したら、一度写真を投稿してみよう。


11月 12, 2014 映画・テレビ | | コメント (0) | トラックバック

2014年11月 8日 (土)

だいぶ寒くなつてきた

玄関を開けたら、ぶるっときた。

顔にひんやりと風が当たる。

すでに晩秋。






11月 8, 2014 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック

2014年11月 5日 (水)

NHK趣味Do楽「第6回 SNSを使いこなそう」「ゼロからはじめるデジタル講座 ネットでコミュニケーション」

第5回「SNSをはじめよう」を飛ばしてしまった。この「SNS」(エスエヌエス)。カタカナに変えたり、日本語に置き換えたりすることをあきらめて現れた言葉。ミクシーやグリーが登場した頃(10年近く前)からある、結構古い言葉だ。

Facebook(フェイスブック)やTwitter(ツイッター)が上陸してから、ひんぱんに使われるようになった。フェイスブックは、確か5年ほど前。それほど経っていないのに爆発的に広がり、SNSが何かわからないまま定着してしまった。

「友達の友達は友達」とか「知り合いを6代つなげると、世界中の人がつながる」などと語られ、交流サイトとして有名になったのがフェイスブック。

SNSを始めるのは、それほど難しくない。メールアドレスなどを登録して会員になれば済む。でも実際は、このあとが難しい。友達かもしれないとおすすめが画面に出る。当たっている場合は、なぜ?って悩む。当たっていなければ、この人誰?と訝しむ。いずれにしても何とも微妙な世界に足を突っ込むことになる。

ここで立ち止まり、引き返してしまう人が多い。当然だ。茫洋とした世界を目の前にして、何かいろいろな人がうごめいているような感じがするが、さて、これって何? と尻込みしてしまうのは当たり前でしょう。

ここで一歩足を踏み入れて、友達とつながると、世界が見えてくる。その友達がおしゃべりな人だと嬉しい。友達のおしゃべりに「いいね」をしていくうちに、なんとなくこの世界のリズムに馴染んでくる。「いいね」「いいね」で何とか渡れるようになる。

ここまで来れば、あとは波乗り気分。少しずつつながりが広がり、自分も声を発してみようかとなる。まあそこまでいかなくても、面白い! と思えたら、あとは何とかなる。

フェイスブックの仕掛けって、こんな感じかな? と思えるようになるまで、少しだけ友達についていくしかないのがこの世界。しばし我慢だ。

Sns_hyosi

11月 5, 2014 映画・テレビ | | コメント (0) | トラックバック

2014年11月 3日 (月)

本格的な秋が来た

青空に秋が映える。
何とも色美しい季節。
クモの糸にかかった落ち葉。
秋です。



11月 3, 2014 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック