« 文化庁「ことば食堂へようこそ!」で誤解が解消できる! | トップページ | 詳細に見えるNASA公開の地球写真 »

2014年5月 3日 (土)

使わないほうがいいの?! インターネット・エクスプローラー

ニュースで知り、「怖くて使えないけど、どうすればいいの? インターネットができなくなる?」と、複数の人から問い合わせがあった。

ニュースとは、ホームページ閲覧ソフト「インターネット・エクスプローラー」のほぼすべてのバージョンに脆弱性が見つかり、使用を控えるようにと米国の政府機関が発表したという話。バージョンが6~11というから、ウィンドウズXPからVista、7、8、8.1とほぼすべてのウィンドウズ・パソコンが対象になる。

被害にあうと、個人情報が盗まれたり、自分のパソコンが見知らぬ人のパソコンに攻撃を仕掛けたり……と様々な不利益が想定される。

2日マイクロソフトが「インターネット・エクスプローラー」の修正版を公開したので、ウィンドウズ・アップデート(Windows Update)を実行すると、安心してインターネットができるようになる。

ウィンドウズ・アップデートは、通常、パソコンを終了するときに自動的に実行されるが、実行されない場合は、次の手順で進めることができる。
ここでは、ウィンドウズ 7とVistaの例。

1. [スタート]ボタン → [コントロールパネル]をクリックする

2. [コントロールパネル]画面で、[システムとメンテナンス]をクリックする

3. [システムとメンテナンス]画面で、[Windows Update]をクリックする

4. [Windows Update]画面で、左上の「更新プログラムの確認」をクリックする

5. 「X 個の重要な更新プログラムが利用可能です」をクリックする

6. [インストールするプログラムを選択します]画面で、プログラムの欄にチェックを入れ、[OK]ボタンをクリックする

7. 元の画面に戻ったら、[更新プログラムのインストール]をクリックする

8. 以降、画面の指示に従ってウィンドウズ・アップデートを実行する

慌てないでワンステップずつ実行するのがポイントだ。

2014_05_03_01

5月 3, 2014 パソコン・インターネット |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165422/59570995

この記事へのトラックバック一覧です: 使わないほうがいいの?! インターネット・エクスプローラー:

コメント

コメントを書く