« あて名面の差出人を連名にする(ワード) | トップページ | 薄曇りの初富士 »

2013年12月28日 (土)

年の瀬は年のせい?

2013年もドタバタと1年が過ぎようとしている。
振り返ると、身体にまつわる出来事がいろいろと現れた年だった。

かなりショックだったのは、
目の前が暗くなったこと。
暑い夏がグレーで絶望的な気分で覆われてしまった。
そして、まっすぐ歩けなかった事件。
歩けなくなると、行くことも戻ることもできず、
と、と、と、と歩みを少し進めては、
息苦しさとめまいで立ち止まる。

手すりがない場所は困った。
MRI検査をしてみたら、まったく何もなく、一過性でしょう、だって。
未経験のアクシデント。二度と味わいたくないもの。
目が真っ赤に充血して自分でもビックリした。
血が嫌いなのに、目が鮮血で染まった。
なのに、ものは見えていた。不思議!
再発したのもヤバイ。

今年後半は、八方ふさがりのようだった。
とはいっても、年末の人間ドックは問題なし。
薬が効いているためか、中性脂肪などは人並みに収まっている。
身体が少し休息を求めているようなので、
年末は今日で店じまいと散髪してきた。

気持ちを新たに新年を迎えたいもの。
来年もドタバタは変わらないだろうけど、
少しでも多くの方に良いメッセージを届けられれば幸い。

また、新年もよろしくお願いします。



12月 28, 2013 日記・コラム・つぶやき |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165422/58835996

この記事へのトラックバック一覧です: 年の瀬は年のせい?:

コメント

コメントを書く