« 1週間が速い! | トップページ | 日頃の報いか »

2011年11月 2日 (水)

第5回 スライドショーDVDを作ろう「中高年のためのデジタル塾 デジタル写真徹底活用法」:講師 岡嶋裕史

Nigaoe_28


早いもので、もう11月。早いものです。年賀状も発売開始。日本郵便の「はがきデザインキット 2012」もダウンロードを開始しました。

さて、番組はスライドショーDVDの作成。実に簡単に大型テレビでも迫力あるスライドショーを見ることができる。知り合い、家族、遠い親戚など、写真を見せるには、かっこうのものがDVD。自分で作ったの? と驚かれること請け合い。

作成は実に簡単。もちろん、写真は必要だし、その準備も必要だが、写真がそろえば、カップラーメンと同じ。3分間で出来上がる。DVDの書き込みに時間がかかるが、数十枚程度なら10分もかからない。コーヒーブレイクしている間に、DVDがカシャッと出てくる。あっという間に、思いの外の出来。デザインセンスを問われるメニュー画面や写真の動きは、まったくお任せなので、ちょっと拍子抜けと思われる方も多いが、出来上がりは納得。DVDの無駄を覚悟で何回か、作り直していくといろいろとわかってくる。写真の見せ方が……。

ステップアップの意欲が湧いたら、パソコンの楽しみが増える。
とにかく簡単。是非一度試したいもの。

11月 2, 2011 映画・テレビ |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165422/53143228

この記事へのトラックバック一覧です: 第5回 スライドショーDVDを作ろう「中高年のためのデジタル塾 デジタル写真徹底活用法」:講師 岡嶋裕史:

コメント

これはやはりRWを使って書き込みですか?失敗したら決してやり直しとか?
簡単だけど、BGM入れたり、文字入れたりとなるとセンスが問われますよね。

投稿: kumiko | 2011/11/07 20:28:43

kumikoさん

一般的にこの区別は分かりづらいので、
DVD-Rと指定しています。
そうなんです。センスは必要ですが、
これはトライ&トライで身に着けるしかないのですが、
全体的に簡単にできるので、
作ってしまえば何とかかっこうが付きますね。

投稿: hashime | 2011/11/07 21:48:24

コメントを書く