« 真夏のチョコレート | トップページ | 予約録画が心配な地デジ »

2011年7月13日 (水)

かりんとうとお茶

Nigaoe_12


夜も8時を過ぎると、やはりお腹が空く。買い置きのせんべいやチョコなどお菓子を口にする。当然、飲み物も飲む。

大好物といえば、かりんとう。それも沖縄産の黒糖で作った大きいもの。歯ごたえがあり、口の中があま~い。よだれが出てしまうもの。ガッツン、ガツンとかみ砕く音が堪らない。口から頭の隅まで響く。だいぶ昔、カップラーメンを駄菓子屋に買い出しに出かけたとき、よく黒糖かりんとうを買った。ほかの人はカップメンとおにぎりやパン。

口の中が大甘になるので、お茶が嬉しい。熱いお茶がいいのだが、この季節はつい冷たいものにしてしまう。お茶のパックは買い占めているが、先週から冷たいお茶に切り替えた。熱いお茶は、口の中の甘さをほどよく中和してホニャホニャにしてくれるが、冷たいお茶は流すだけ。口いっぱいの甘さは柔らかくならない。ちょっと残念。

やはり、かりんとうは冬。熱いお茶とセットが似合うようだ。

Rimg0295_

チョウジソウ
ちょっと白っぽくよれた感じがおしゃれ。ダンスを踊っているようだ。じいーっと見ていると、美があふれ出してくる。

7月 13, 2011 日記・コラム・つぶやき |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165422/52182671

この記事へのトラックバック一覧です: かりんとうとお茶:

コメント

コメントを書く