« File 9 アルバムを作ろう① 中高年のためのらくらくデジタル塾「一挙両得! パソコン・デジタルカメラ超! 入門」 講師:岡嶋裕史 | トップページ | ファイル名を連番にする »

2011年5月26日 (木)

中高年のためのらくらくデジタル塾「もう怖くない! デジタル機器」 講師:中村 伊知哉

6189730


昨年あたりから、変なものが出回りはじめた。電車の中で指をなぞって何ごとかしている。ときどき見かけるが、座ってノートパソコンより小さいものをなぞっている。

いずれも、キーワードは「なぞる」。パソコンは、マウスとキーボードで動かしている。マウスは遠隔操作のようなものだが、これを指で触って指示を出したりするのが、新しい機器。名付けて、スマートフォン、タブレット端末。

マックでおなじみのパソコンメーカー「アップル」が出したスマートフォン「iPhone」(アイフォーン)、タブレット端末「iPad」(アイパッド)が、操作性の良さで世間をあっといわせ、市場を独占した。そうさせじと、ホームページ検索サイトで有名なGoogle(グーグル)が無料OSで市場参入してきたのが「アンドロイド」を元にしたスマートフォンとタブレット端末。各社入り乱れて販売にやっきになり、市場が活性化。

この機器は、パソコンと人間の距離を狭めただけでなく、コミュニケーションのしかたを大きく変えようとしている。使うとすごく便利。しかも触ったりなぞったリだから、直感的。アプリ(ソフト)もわかりやすいように作られている。欲しかった機能ややりたかったことが何とも簡単に出来上がっている。テレビコマーシャルをご覧になると、その素晴らしさがよくわかる。アイパッドはタッチ性を強調し、アンドロイドは音声認識での地図案内。「やましたこうえん」と声を出すと、地図に出る。キーボードがない代わりに、音声でホームページ検索できる。

すごく便利。ただし、新しい機器なので、何? とお悩みの方も多いはず。そこで、デジタル機器が番組に登場。それと、地デジ。今年の7月24日にはアナログ波が停波。大半の家庭で対応済みだが、念には念。もう一度、地デジ対策を確認。テレビを変えないと地デジが観られないと思っている方は必見。

ちょっと先ゆくシリーズ。どれどれ、なになに、と目を輝かせて見てみましょう。目が大きくかわいい中村伊知哉先生が講師。得意の分野でしょう。

僕も少しだけ協力させていただきました。

Rimg0027
ムラサキセンダイハギ
紫色になるとちょっと神秘的。黄色のセンダイハギはよく見かけるものか。ちなみに「仙台萩」ではなく「先代萩」らしい。仙台で見かける萩は、ミヤギノハギ(宮城野萩)で赤紫。

5月 26, 2011 映画・テレビ |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165422/51761477

この記事へのトラックバック一覧です: 中高年のためのらくらくデジタル塾「もう怖くない! デジタル機器」 講師:中村 伊知哉:

コメント

コメントを書く