« 古代エジプトのピラミッド17基発見 | トップページ | かすれ声の癒し姫 JUJU »

2011年5月28日 (土)

スマートフォンとは (3)

Nigaoe_11


4月8日「スマートフォンとは(2)」から2ヶ月弱空き、すっかり意識が遠くなってしまったスマートフォン話。

携帯電話として使っていない僕でもスマートフォンは面白い、というところから再開。

スマートフォンは、かわいいオモチャだ。携帯電話は画面が文字のみで愛想がない。スマートフォンは、音楽あり、動画あり、ゲームあり……。何でもできるパソコンを小さくしたもの。これがいい。小さいとはいえ、パソコンを持ち歩くようなもの。しかも、小さいから難しいことを深い手順を追いかけて操作するわけにいかない。実にシンプル。手順は、おおよそ見当をつく。

いろいろな動作は、あまたあるアプリ(ソフト)で行う。パソコンでもソフトがあるが、小さいフリーソフトでも結構複雑な機能が付いている。スマートフォンのアプリは、たくさんのことはできない。小さいのだから、この程度でゴメン! となるが、その程度だろう、と納得してしまう。

例えば、アドレス帳。同じ会社の人は、会社名や住所、電話番号が同じで、名前や部署、メールアドレスなどが違うだけ。パソコンならコピーして違う部分だけ書き換えて一丁上がりとなる。スマートフォンにはそんな機能はない。1件ずつ登録する。パソコンとの連携が強いスマートフォンは、パソコンのアドレス帳と同じものにできる。パソコンで登録してしまえば、スマートフォンに自動的に送られる。データは同じになる。これを同期(シンクロ)と呼び、連携の神髄。

メール、アドレス帳、カレンダー、ブックマーク(お気に入り)など、パソコンで使っているものは、そのままスマホで使えるので、パソコンを使うのと違和感がない。これが、小パソコンというかわゆさのわけ。

同じだけでないところがさらに可愛い。もちろん電話だが、もっと素晴らしいのがGPS。居場所がわかる。印刷した地図を持ち歩くことがない。歩くと、スマホの地図も位置が変わる。目的の場所から離れた、近づいたが見てわかる。これが欲しかった。印刷した紙ほど大きくないのもいい。歩行者からも地図を見ていると思われずに済む。近くのコンビニもわかる。方向もわかるから、あっちが南、こっちが北とわかる。夜空にかざすと、星座が現れる。実際には見えなくても、あそこに北斗七星があると示す。プラネタリウムを持ち歩いているようだ。実に嬉しい!!

Rimg0036_
カモ
池にいた。カモン、カモンと呼んでみたが無視された。

5月 28, 2011 携帯・デジカメ |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165422/51777231

この記事へのトラックバック一覧です: スマートフォンとは (3):

コメント

コメントを書く