« 「エクセル」で、セルの中で改行する | トップページ | ホームページの一部を印刷する »

2011年5月18日 (水)

File 8 撮影散歩に出てみよう 中高年のためのらくらくデジタル塾「一挙両得! パソコン・デジタルカメラ超! 入門」 講師:岡嶋裕史

Nigaoe_06


写真って撮れば撮るほど、目が肥えてくる。ポスター、チラシの写真を見ると、なるほどうまいものだと納得する。それを覚えておいて、いざ現場で撮影となると、思うようにいかない。簡単に撮れそうで撮れないのが写真。

今回はプロのカメラマンが付いていた。さすがプロとうならせるワザを披露。コンパクトデジカメなど使ったことがないはずだが、写真ごころで幾重にも違う写真になる。

建物や場所、その日の天気をはじめに収めるというのは、なるほどと納得。先走って写真、写真と被写体に目が進むがちょっと待てが出る。写真整理に必要。建物のネームプレートや全体像は、思い出すときの手がかりになる。植物園では花の名前を掲示してあり、撮影前に撮っておくと、名前調べが簡単。

カメラにはいくつか撮り方がある。オート(自動撮影)は、一番よい状態で撮影できる。とはいっても、もう少し素敵な写真、格好いい写真、動きのある写真、感動的な写真……と、つい欲が出てくる。

そこで、オート以外の撮影。特に花を撮るなら、マクロ(接写)。オートでは近づくとピントが合わない。ピントが合う位置に引くと、花が小さくなり、花が語りかけてこない。大写しにすると、そばかすが見えたり、色合いが出たり、陽差しが透けたり……と様相が一変してくる。でもあまりに近すぎると、何かわからなくなる嫌いがある。難しいところだ。ローアングルから撮る、花目線で撮る、というのはプロならでは。

シーンモードというのも是非使いたい。夜景モードや風景モードはもちろんだが、速い動きのものや風が吹いて被写体が動く場合は、スポーツモードを試してみる。

ストロボ(フラッシュ)は自動発光しないように設定した方がよい。フラッシュが入った人物写真は色が変になることがあり、相手に失礼なお化け写真になることもある。暗い場合は、パソコンで色調整できる。

うまいなぁ~とうならせる写真は、構図が素晴らしい。この構図を盗もうと写真を見て研究するが、現場では生かせない。でもわざと真ん中に被写体を置かない、すべてを入れない、縦にする、手前に少しだけ何かを入れる……と試して見ると、ちょっと変わった感じになる。安定した構図は納得できる記念写真になるが、うならせるにはちょっとキザっぽい方がよい。なかなか難しいが。

中央からややずらして撮るというのが、平板な写真を引き立たせるテクニック。格子線を出して参考にすることもできる。ビニール袋でソフトフォーカスとは驚いた。ちょっとしたもので写真を変えるというのが常に頭にあるのだろう。さすがプロ。

Rimg0308

名前不詳。
葉っぱの中に花があるよう。「カンガルーバナ」と命名してみる。そんな名前はないです。

5月 18, 2011 映画・テレビ |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165422/51698538

この記事へのトラックバック一覧です: File 8 撮影散歩に出てみよう 中高年のためのらくらくデジタル塾「一挙両得! パソコン・デジタルカメラ超! 入門」 講師:岡嶋裕史:

コメント

コメントを書く