« 中高年の「元気が出るページ」 写真・イラスト・書展 | トップページ | 英字キー配列は早打ちには適していないかも »

2011年5月11日 (水)

File 7 撮影地を探そう 中高年のためのらくらくデジタル塾「一挙両得! パソコン・デジタルカメラ超! 入門」 講師:岡嶋裕史

Nigaoe_02


インターネットって、本当に便利。使ってみて驚くのは、ほとんどのことは調べられるということ。インターネットがなかった頃は、まず本や辞書などを探すところから始まった。インターネットでは、検索サイトでキーワードを入力すると、該当するホームページが瞬時に出てくる。大変なのは、そこから欲しい情報が載っているページを選び出すこと。大半は、キーワードを増やすことで解決できる。絞り込みだ。

検索サイトでホームページを探すポイントは、探したいページに記載されているはずの語句をできるだけたくさん思い浮かべること。世界遺産について知りたい場合、通常「世界遺産」だけだが、日本の世界遺産なら「世界遺産 日本」、さらに建築物に絞るのなら「世界遺産 日本 建築」となる。

交流が盛んな個人のホームページを探す場合は、「リンク集」を追加して、例えば「絵手紙 リンク集」とする。絵手紙をホームページで公開している個人のホームページのうち、ほかのホームページを紹介している「リンク集」ページがリストアップされる。

膨大な数が出てきても、上位20を見てしまうと、こと足れりとなりがち。探したい情報が見つからない場合は、キーワードを変えてみるのが得策。

見つかったホームページが有益で、あとでまた見るはずとなれば、「お気に入り」(ブックマーク)に登録した方がよい。次から検索しないで済む。仕方がないとはいえ、検索は手間取り、いらだたせることが多い。同じホームページを毎回探すとなると、ストレスがたまる。

お気に入りページがたまると、こんどはお気に入りを探すのに手間取る。ここで、整理が必要。インターネットに限らずパソコンは膨大な情報を利用するので整理することが大切だ。フォルダーを作って整理するのが一般的。引き出しを作って分類するようなもの。引き出しの名前や分類方法は人それぞれだが、きれいに整理しておくと、探しやすくなる。人のパソコンを見ることがあり、お気に入りのフォルダーを偶然目にしてしまうことがあるが、なるほど、と納得させる人も多い。性格が出るようだ。

5月 11, 2011 映画・テレビ |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165422/51640659

この記事へのトラックバック一覧です: File 7 撮影地を探そう 中高年のためのらくらくデジタル塾「一挙両得! パソコン・デジタルカメラ超! 入門」 講師:岡嶋裕史:

コメント

お気に入りがやたら一杯の方多いですね。一応お気に入りの整理を授業でもやるんだけど。
フォルダに名前を付けるとか、その前にどういう分類するのかとか、なんか考えるのが面倒らしくて。
せっかくの整理機能覚えてくれるといいなと思いつつ、まずはお気に入りのページ見つけてもらわないと…。

投稿: kumiko | 2011/05/11 20:16:04

kumikoさん

お気に入りフォルダーにたくさん入っていて、整理しないと、結局また探すことになるんでしょうね。

整理は、難しいですね。「インターネット エクスプローラ 9」では、お気に入りバーに次々追加することになり、これまたわからないことになりそうです。

そのうちタグも出てくるのでしょうが、いずれにしても整理する人の努力と根気が不可欠ですね。

投稿: hashime | 2011/05/11 20:24:59

コメントを書く