« 写真を撮って名前がわかる - 「花しらべ」 | トップページ | テレビ好きが地デジを知らなかった! »

2011年4月25日 (月)

大画面ですばやくマウスを使う

Nigaoe_14


23インチモニターが壊れ、24インチ液晶ディスプレイに変えたら、約4倍の1920x1200ピクセルに広がった。左右に画面を並べて見比べることができ、画面を前面に出して切り替えることもなく快適に作業できる。

でも、マウスポインターを動かす範囲が広く、これまでよりスピーディーではない。ウィンドウズ 7ではタスクバーが使いやすくなり、下端にマウスポインターを動かすことが多い。上端に自動的に隠れるランチャーソフトも入れているので、上下左右あっちこっちとマウスポインターを動かしている。

いまひとつ快適感に乏しいので、画面が出てきたとき、マウスポインターが[OK]ボタンなどに自動的に移動するように変えた。はじめ慣れなかった。画面が現れた場所に無意識にマウスポインターを動かしてしまい、おっと動かさなくていいんだ! と元に戻す羽目に。まだまだ慣れない。動かさなくてもいいんだ! と頭で考えてストップ。慣れって怖ろしい!

1.[スタート] → [コントロールパネル]をクリックする

2.[コントロールパネル]画面で、[ハードウェアとサウンド] → [デバイスとプリンター]欄の[マウス]をクリックする

3.[マウスのプロパティ]画面で、[ポインターオプション]タブをクリックし、[ポインターを自動的に既定のボタン上に移動する]をチェックする

Mouse_2011_04_25

4.[OK]をクリックする


Rimg0081_

アーモンド(バラ科)
アーモンドが花をつけることを知らなかった。サクラに似ていることも、今回初めて知った。

4月 25, 2011 パソコン・インターネット |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165422/51465378

この記事へのトラックバック一覧です: 大画面ですばやくマウスを使う:

コメント

コメントを書く