« インターネットにつながるパソコンとつながらないパソコンがある! | トップページ | メール本文の先頭に「?」が入る! »

2010年10月13日 (水)

「第2回 あいさつ状を作ろう!」 中高年のためのらくらくパソコン塾「デジタル写真で超楽しい! ゼロからはじめる! 年賀状」 講師:岡嶋 裕史

Nigaoe_13 前回よりワンステップアップ。ひな型を少しだけ加工するテクニック。ワードの使いかたが少しずつアップしていく。この調子で12回までたどり着いたら、プロ級のワザを軽々とこなせる?

いえいえ、プロ級のワザなんて必要ない。ワードはプロ級のワザをあらかじめたくさん用意しているので、ちょっと使いかたを覚えるだけで、すばらしい仕上がりになる……はず。

是非いろいろなテクニックを覚えたいもの。

今回は、置換入力というワザに二人とも納得。このワザは、何度も入力したり削除したりを繰り返している人なら、ウムウムと嬉しくなるワザ。バックスペースキーでいちいち1文字ずつ削除する手間が省ける。
このテクニックは、遠い昔、上書きモードだったワープロソフトに「一太郎」が挿入モードを導入したのとセットで登場した(確か)。

感動だった。挿入モードというのも素晴らしく、いまは当たり前だが、文字を入力するとそこに挿入されるという代物。その昔は、文字を入力すると上書きされるので、追加するところに空白を空けたりしていた。

同窓会といえば、ある程度の年齢に達すると頻発するようだ。お袋が60過ぎあたりから、あちこちの同窓会に誘われていた。ほとんど音沙汰なしだったのが、何十年ぶりで会う。お袋は尋常小学校しか出ていないから、同窓会は少なかったはずだが、温泉によく出かけていた。ある程度余裕が出てくると、同窓会の開催が増えるのかもしれない。どこに散らばったかわからない旧友を尋ねるのはひと苦労だけど。

同窓会に限らず、お知らせ葉書を作るなら、ひな型が便利。イラストや背景は、ちょっとだけ変えてみる。

そういえば、「ワード 2000」をお使いの方がお困りの様子。「ワード 2000」は「ワード 2002」と近いので、「ワード 2002」をもとに試してみてください。分からないときは、お問い合わせください。

それと、「ワード 2002」でひな型を入れるのは、いったんインターネットに接続して、マイクロソフトのホームページからダウンロード(取り込み)することになる。ちょっと手間ですが、ご勘弁。読み込んだひな型は同じように使えます。

少しずつ年の瀬に近づいているので、少しずつワードと年賀状の作り方を覚えていきましょう。

今年は、ちょっと変えてみる!

これを目標に!

10月 13, 2010 映画・テレビ |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165422/49735899

この記事へのトラックバック一覧です: 「第2回 あいさつ状を作ろう!」 中高年のためのらくらくパソコン塾「デジタル写真で超楽しい! ゼロからはじめる! 年賀状」 講師:岡嶋 裕史:

コメント

火曜日に第2回をみました。
わたし自身がPCを始め先生に教えて戴き紆余曲折6年を経、テレビ放映25分を楽しみながら過ごしていけるようになりました。
一昨日のテレビで新しい発見は上のツール欄を纏めてリボンと称することで大嬉しです。

ひな型がそのまま(文字の挿入、イラストの入れ替え、背景色…)使えるのですねhappy01

カレンダー造りではひな型を見てこのような形にしようとエクセルで構成したのでした。

昨日テキストを買ってきました。
来年度の年賀状はひな型で気楽に楽しくいきましょう (v^ー゜)ヤッタネ!! !!! 

投稿: あーちゃ | 2010/10/14 14:32:09

あーちゃさん
「ワード」はかなり素敵な年賀状が簡単に作れますよ。
先日のエクセルのカレンダー、素敵でした。
ところで、「先生」はやめましょうね、柄じゃないので。

投稿: hashime | 2010/10/14 18:18:26

コメントを書く