« 何十年か振りの忘れ物 | トップページ | すばやく蚊が取れる電撃蚊取りラケット »

2010年7月14日 (水)

「第2回 楽しい!デジタル写真」 中高年のためのらくらくパソコン塾「デジタル写真で楽しさ100倍! ゼロからはじめる! ブログ」 講師:中谷 日出

ブログを長続きさせるコツは、写真。写真さえあれ、何とか記事になる、そのうち気合いがまた戻ってくる。はず……。

僕の場合も、当初は暇を探して写真撮りに出かけていた。当時、仕事でも写真を使うので、ヘタを覚悟でパシッパシッと撮っていた。撮っていくうち、撮り方のコツがおぼろげに浮かんできた。うまく撮れると、ちょっと自慢。でも見てくれる人がいない。そこで、ブログに発表。

読者は写真の良さを意識しないのだろう。得意げに、どうだ! と掲載しても反応がないのは残念。だが、そのような関係がブログだから仕方ない。特に人間関係の作り方がヘタなので、反応のしようがないはず。

最近は、意欲が萎えているのか、写真が少ない。ほとんど外に出ない、穴蔵生活をここ数年続けているので、外の空気が懐かしいのだが、外に出たら、陽の光に目がやられるので、写真どころではない。

番組では、ブログでの写真撮影術として紹介していたが、実は写真撮影の基本。それを4つにまとめてある。

ものを見る力のすごいところは、そこにないものの想像で補ってしまうこと。しかも、ないから想像力が豊かになり、延長線にあるはずの世界を勝手に創ってしまう。これが写真が持つ力。全体を入れると、理解が先立ち、なるほど、みかんか! と納得される。一部だけを撮ると、ウン? 何? と勝手に想像力を掻き立て、理解する範囲を広げる。固定した概念ではなく、広がりのある新たな概念が形成され、違和感と同時に新鮮さで、ステキ! と相成る。

もちろん、やり過ぎは理解を超えるので、その判断は何度も試してみるに限る。でも何でも大きく撮ってみよう。対象に語りかけながら撮影するようになったら、撮影した写真も見ている人に語りかけている。いつぞや、いいねぇ~、と口に出てしまったかと、近くの人を確かめたことがあった。

次回もカメラの話なので、このあたりにしよう。

そうそう、すてきと思った写真は、何度も何度も眺めてみると、必ず語りかけてくる。その声は、見て見て、私はプリマドンナよ、きれいでしょう。どうだ、おれって迫力あるだろう! とか。
うそだと思ったら、試してみてください。

7月 14, 2010 映画・テレビ |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165422/48873870

この記事へのトラックバック一覧です: 「第2回 楽しい!デジタル写真」 中高年のためのらくらくパソコン塾「デジタル写真で楽しさ100倍! ゼロからはじめる! ブログ」 講師:中谷 日出 :

コメント

おもしろいサイトがオープンしました
フリーマーケットジャパン
フリーマーケットジャパン6月スタートしました。
日本初の出品料・成約手数料が無料のサイトです。
広告収入で運営されているらしく、出品・手数料を無料化した良心的なサイトです。
大手オークションサイトと違い入札方式ではありませんので、お気に入りの商品が簡単に購入することができます。

http://www.koukokufreemarket.jp

投稿: フリマ | 2010/07/14 11:46:37

コメントを書く