« 「第7回 検索は怖くない!」 中高年のためのらくらくパソコン塾「もう怖くない ゼロからはじめる! インターネット」 講師:岡嶋 裕史 | トップページ | 権力中枢のひそひそ話 1 »

2010年5月17日 (月)

禁煙にツイッターは効果ありか?

Nigaoe_06

引っ越ししてから禁煙している。亡くなったお袋も「百害あって一理なし」と病院で何度もいっていた。いわれるのは慣れていたが、認知症が少し進んだ身でも、これだけは忘れなかった。親の小言を受けるのは子どもの特権、と笑って頷いていた。

一度、1ヵ月ぐらい禁煙したことがある。原稿作成など集中しているとき、知らぬ間にフト気を抜ける。デッドロック。このときがタバコタイム。1服し、灰皿に煙草を置いていると、すぐ作業続行となる。結局、1本で1~2服するだけ。もったいないが、このパターンで何十年も続けてきた。1日10本も吸わないのだから、禁煙もすぐできるはず。何回かのチャレンジでも、最大1ヵ月が2回。元に戻ってしまう。

食事のあと、何かすることがあるはず……と戸惑ってしまう。食事は夜中だから、流しに片付け、風呂の電源を入れると、あれっ、何か忘れている! となる。禁煙直後は、これがタバコとわかっていた。最近はなんとなく物足りない。

1週間も経たない夜、禁煙なんて無理無理、と煙草を吸った。久し振りの満腹感。ところが、頭クラクラ。立っていられない。家では、台所の換気扇のところで立って吸っていた。手をついたが、頭がクラクラで、しばらくしゃがみ、目が回るままテーブルまで這っていった。それ以来、もうタバコは吸えないだろうと諦めていた。禁煙しているのに、吸いたいとは矛盾。でも三日坊主。絶対にタバコ復活の日が来る、と期待して禁煙を続けていた。

もう4ヵ月になるが、仕事中、頭がリセットしたくなるのだろう。タバコが欲しくなる。堪えると、ストレスで先に進まない。何十年のリズムが数ヶ月でなくなるわけがない。とにかく、何かが欲しくなる。意識を変えると、作業がはかどる。

そこで、もの凄いスピードで更新がかかるツイッター(Twitter)に挑戦。普段は仕事の邪魔と相手にしていなかったが、気を抜くときに、ほかの話題でリフレッシュできるかも。書き込むだけなら、いつも机の前だから簡単。スマートフォンだってある。

ということで、登録して長いことかまっていなかったツイッターに挑戦。まったくわからず。とにかく、自分のつぶやきを発することと、友だち探すことか。
忙しいついでにFacebookもはじめることに。飽き性なので、きっと三日坊主だろうけど……。

Twitter:hashime3
Facebook:Hashime Shoji

よかったら、お付き合いください。

5月 17, 2010 パソコン・インターネット |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165422/48373551

この記事へのトラックバック一覧です: 禁煙にツイッターは効果ありか? :

コメント

禁煙、大変なんですね~。
値上がりしてもまだ吸いたいものなんですか?
喫煙場所探すの大変じゃないですか?

なんて偉そうなこと言うけど、我が家も禁煙するのに大変だった家人がいるのでそのお気持ちよくわかるような。

投稿: kumiko | 2010/05/19 20:24:19

kumikoさん
そうなんです。
結構大変ですね。

長い習慣なので、
やめるとなると勇気がいります。
三日坊主なのに、
4ヶ月続いているので
自分でも驚いています。

投稿: hashime | 2010/05/19 20:42:29

コメントを書く