« 動きが速いIT業界 | トップページ | タブレットパソコン »

2010年5月26日 (水)

「第9回 心配無用! ウイルス対策」 中高年のためのらくらくパソコン塾「もう怖くない ゼロからはじめる! インターネット」 講師:岡嶋 裕史

Nigaoe_10

セキュリティソフトを警備員に見立てたのには、参った。いろいろとイメージを広げ、更新情報を手配書に例えたときは、なるほどと納得してしまった。岡嶋さんがすんなり口に出すので、まったく違和感なく交番の前に貼ってある手配書をイメージしてしまった。2.5秒に1人、悪人が手配書に載っていたら、手配書何枚あっても足りないくらい。パソコンは更新データを取り込むだけでウイルス対策できる。

セキュリティは伝えるのが実に難しい。交通事故などもそうだが、めったに被害にあうことはない。でも遭ったら、被害甚大。あとの祭りだ。どんなことをしたらいけないのか。

噂されている対策を鵜呑みにすると、何もできなくなる。インターネットに接続してはいけない、ほかの人からデータをもらってはいけない……。いまの時代、インターネットなしでパソコンって成立しない。クラウド(雲)なんて叫ばれているように、インターネットがないパソコンなんて考えられない。

いずれにしても、心得は心得として、ちょっとばかり冒険しないと、インターネットやメールは楽しめない。この間隙を縫って、ウイルスが浸入してくることがある。

パソコンを個別に襲ってくるから、個別に対処しなくちゃいけないというのは、昔の考え方。インターネットに繋ぐ繋がないという選択肢があったため、個別にセキュリティソフトを入れる必要があった。いまは、ほとんどのパソコンがネットに接続している。

それなら、各パソコンとインターネットを仲介しているプロバイダーが責任を持って、セキュリティー対策を講じることが必要だ。個別にセキュリティソフトをインストールさせるとはもってのほか。まだこの対策が充分に講じられていない。一部プロバイダーは、結構厳しい対策を講じているので、セキュリティソフトを入れなくても大丈夫という感じになっているはず。ウィンドウズが個別にセキュリティ対策させているのも問題。クラウド時代の対策もまだまだ。

そのうち、ウイルス情報を毎日アップデートしなくて済む時代が来るだろう。

5月 26, 2010 映画・テレビ |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165422/48463491

この記事へのトラックバック一覧です: 「第9回 心配無用! ウイルス対策」 中高年のためのらくらくパソコン塾「もう怖くない ゼロからはじめる! インターネット」 講師:岡嶋 裕史 :

コメント

今までウイルスにやられてないから、今後もソフトを入れるつもりがないというお客様がいます。たまたま感染しなかっただけかもしれないのに、「今まで平気だったんだから」となかなか腰をあげてくれず。
どうやって説得したもんだかで。

投稿: kumiko | 2010/05/27 21:37:57

kumikoさん

そうなんです。けっこう頑固に主張される方がいます。自動車の強制保険のように必ず入るわけでない、任意保険と同じですからね。

万一事故が起こった場合、任意保険は役立ちます、というと、いや僕は事故を起こしません、と。

まあ仕方がないのでしょうか。

でも、セキュリティー対策がしっかりしているプロバイダーに入っている場合、ルーターさえつけていれば、安心かもしれません。もちろん、怪しいところに近寄らないというのが前提ですが……。

投稿: hashime | 2010/05/27 22:21:54

コメントを書く