« そういえば写真は苦手だった! | トップページ | 「第2回 ゲームだから怖くない!」 中高年のためのらくらくパソコン塾「もう怖くない ゼロからはじめる! インターネット」 講師:岡嶋 裕史 »

2010年4月 6日 (火)

迷子にならないGPS

Nigaoe_06

5年ぶりの自動車免許証の更新。前回、前々回と視力が落ちたのを心配して老眼鏡を新調して不安に備えたが、今回はまったく気にしていない。1年に1回の健康診断では、視力が落ちていることがわかっているが、試験場の視力検査はいい加減。何しろ、3つのCを見て上下左右を当てるのだけ。健康診断ならボヤーとしても当たるかなと答えるが、試験場ははっきりしすぎ。これで、0.6(0.7という説もある)以上と即断して、ハイ次は3番窓口へ、となる。実にいい加減な視力検査。おびえて損した気になる。

行きはバス、電車、バス。帰りは、歩きを考えていた。5年前は、帰りに歩いた。行き方を思い出せない。どうやって行ってる? 彼女に聞く。やはり覚えていない。近所の人は自転車で行くようよ。歩けるくらいだから、自転車ならわけない。バスに乗ってJR駅まで出て、1つ先の駅で降り、さらにバスに乗ったら、時間も金もかかる。初めてだが自転車で。私の使ってもいいわよ、と声がかかるが、いつ戻れるか不安なので息子のを借りる。新しいデジカメ、携帯電話など、試したいことがいっぱい。

まず携帯でルートを検索。自宅から試験場まではほぼ一直線。道路もそれほど迂回しない。昼休みに入る前に着こうと、行きは遊ばないことに。道が分岐して不安なところでは、携帯で確認。現在地が変わり、行き先が明確。拡大したり、縮小したり。GPSは便利。

さすが日曜日。人も多いが、職員もせっかち。ノロノロしていると、声をかけてくる。以前なかった暗証番号設定などというものまである。今回からICチップ組み込みの免許証になる。先々は身分証などに使えるらしいが、いまは何の役にも立たないらしい。あちこちで身分証として運転免許証を求められるので、先々ICチップ読み込みで瞬時に判断となるのだろう。

優良免許だから30分講習。話の多くは、最近の事故や交通対策など。交通事故が減ったが、自転車事故が増えているらしい。自転車に乗りながら携帯電話を使っていた女子高校生が、60代の歩行者にぶつかった事故。裁判になり、未成年だから保護者も被告になっていたが、どうなるかわかるだろうということで女子高校生のみが被告になり、5000万円支払うことになったそうだ。携帯見ながら自転車乗っている姿は、よく見かける。怖いものだ。自転車は車道を走りなさいと注意されたので、帰りは車道に出るが正直怖い。狭い道、自転車と自動車共存は不安。工事中のところでは、歩道に上がった。

4月 6, 2010 携帯・デジカメ |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165422/48015162

この記事へのトラックバック一覧です: 迷子にならないGPS :

» 借金あるけど車を維持したい トラックバック 車を維持するための方法
車を維持するための方法を紹介します [続きを読む]

受信: 2010/04/21 23:52:39

コメント

コメントを書く