« 「第4回 心配無用!インターネット接続」 中高年のためのらくらくパソコン塾「もう怖くない ゼロからはじめる! インターネット」 講師:岡嶋 裕史 | トップページ | 「第6回 ホームページは怖くない!」 中高年のためのらくらくパソコン塾「もう怖くない ゼロからはじめる! インターネット」 講師:岡嶋 裕史 »

2010年4月28日 (水)

「第5回 固まっても怖くない!」 中高年のためのらくらくパソコン塾「もう怖くない ゼロからはじめる! インターネット」 講師:岡嶋 裕史

Nigaoe_29

テレビ映像は、素晴らしい。番組が始まると、二人がクイズでお馴染みの○と×の札を持つ。岡嶋さんが質問。トラブルを避けるための3か条をクイズで紹介。二人の性格をうまく利用し、ちょっと地味な内容を盛り上げてしまった(この二人のやり取りは実にうまい。岡嶋さんも素直に乗っている感じ)。

映像の力をまじまじと納得させられた一コマ。メディアが違うと、表現力が大きく異なる。紙でもクイズにできるが、動きのあるキャラクターの掛け合いまで表現すると、ページが何枚あっても足りない。マンガを使う手もあるが、かなりの知恵がいる。

訴えたいことをうまく表現するメディアとして、映像は群を抜いている。目、耳で動きのある映像を捉えるんだから理解しやすい。即時性、即効性で抜群。

ただ情報として記憶に残るかというと、残像が残っても、細かいことまではしっかり把握するとなると、映像は弱い。何度も見る必要がある。同じ映像を見ると、新鮮さが薄れる。このあたりのメディアの違いが、映像一辺倒にならない理由か。

最後に、柴田さんに、番組といっしょに見ると、もっとわかりますよ、と語られると、確かにそうだ、とまた納得してしまった。いままで同じ台詞を何度も聞いてきたが、これほど納得したのははじめて。紙というメディアを再認識した次第。

4月 28, 2010 映画・テレビ |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165422/48207306

この記事へのトラックバック一覧です: 「第5回 固まっても怖くない!」 中高年のためのらくらくパソコン塾「もう怖くない ゼロからはじめる! インターネット」 講師:岡嶋 裕史 :

コメント

この間の地図、その前のゲームた楽しかったんです。
ゲームのスパイダソリティア・フリーセル・毎夜床に就く前に必ずする遊びですから。

地図はもうお手のものになりました。
この間老人会の会場場所(見も知らぬ)をテレビを見ながら一緒(流石イナカ覗き見までは無理)に探し楽しみました。

昨夜は見損ないましたので来週の再放送を楽しみにして待ちます。

投稿: あーちゃ | 2010/04/28 21:27:02

あーちゃさん

フリーセルもやっているんですか。
あれもやみつきになりますね。
一時かなりやっていましたが、やめられなくなったので、
無理してやめました。
短時間でやれるゲームは、続きますね。

就寝前にゲームしたら、
興奮して寝付けなくなりませんか。

投稿: hashime | 2010/04/28 21:42:37

コメントを書く