« まっすぐ歩けない! | トップページ | ポッドキャスティング - お台場寄席(フジポッド) »

2010年3月 6日 (土)

経鼻カメラ

Nigaoe_07
夜中遅い夕食を食べ、風呂に入ろうとしたら、息子が顔を出した。あっ! と声が出た。驚いた息子が、何? いや、あした、胃カメラの検査だった。きょとんとした息子の顔。でも無理。夜遅く届いた赤を全部反映できていない。渡す用意もしていない。予約はキャンセルだ!

いつもより30分ほど前に、目が覚める。こんなことはない。いつも目覚ましが鳴るまで起きたためしがない。そうか、検査に行け、ということか。起き出しながら考える。一部反映した赤を渡すには、事務所に行く。それから病院か。朝飯食べなくてもよいから、まだ大丈夫か。髭剃って、慌てて家を出る。

電車に乗って、また「あっ!」と声が出てしまった。診察カードと保険証を忘れた。こりゃ、無理か。以前保険証を忘れたら、散々文句いわれ、結局診察を受けられなかったことがある。仕方ない。赤を反映させ、早めに作業を進めておこう。

事務所に入り、赤を入れたら、まだ残っているけど、病院行った方がよいかも。薬がなくなるし、数日のうちには処方せんを書いてもらうのに行かなくちゃいけないんだから。

予約は9時だが、30分前に来てくださいと書いてある。もう8時半になる。電車じゃ30分以上かかる。なら、タクシーか。駅前に急ぎ、タクシーに乗る。

病院の受付で、診察カードと保険証を忘れた、と告げたら、大丈夫です! と愛想がよい。急ぎ、胃カメラの受付へ。ここまで来てやっと覚悟を決め、病院に身を委ねる。

今回も検査が始まるまで、薬を飲んで休むこと30分。これまでそれほど苦しくなかったので、ベテランの気安さ。呼び出され、検査室に入った途端、緊張。

喉を通るほどではないが、今回は苦しかった。何度も体がこわばったまま下がり、後ろの看護士さんから、前に出ましょうね、と声がかかった。まだ治っていない、と医者が訝っているのか、前回より扱いがあらい。最後に食道ガンになるといけないからと、黒いものをスプレーしていた。きれいなピンクや赤(炎症部分)の食道が真っ黒に変わった。炎症剤のようなものを塗ったのだろう。

体がガチガチに緊張し凝りに凝って、疲れがドッと出た。薬局で薬をもらい、事務所に戻ったら、残りの赤を鬼になって書き込み、ムーッと我慢。頭が痛いし、肩がバリバリ。麻酔が切れてきたら、腹をグリグリいじった鈍痛が戻る。8時過ぎ、仕事の目途が付く。ほかの作業など無理。家に帰り、やっと食事をして落ち着く。

3月 6, 2010 日記・コラム・つぶやき |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165422/47739097

この記事へのトラックバック一覧です: 経鼻カメラ :

» 経鼻カメラ トラックバック 保険
[続きを読む]

受信: 2010/03/06 16:57:41

コメント

コメントを書く