« おもちゃ遊び | トップページ | 高級魚になるか? 雑魚 »

2010年3月14日 (日)

誰でも入れるようになったミクシー(mixi)

Nigaoe_14

ミクシーに入りたくても、友だちがいなかった。孤高の人とうそぶいて、格好付けても、気になる存在だった。何度かトップページからアタックを試みたが、扉を開くことができなかった。そんなもの知らなくても、世界が揺らぐわけでもない、と高を括ることにしていた。

久し振りにミクシーを覗こうとトップページを開いたら、何と[いますぐ利用する(無料)]なるボタンが中央に居座っている。

あれだけ高飛車だったミクシーのポリシーはどこに? これは嫌味じゃない。相手にされなかったが、それほどネット社会の不可思議さを作り上げていた。誰でもオープンということは、これまで仲間うちだけの話が誰でも見ることができるというわけ。記事を削除しなくちゃいけない人も出てくるか。

時代の変化、ツールの変化が激しいネット社会。持って数年ということか。常に新しいものに更新しないと、先がないということかもしれない。もっとのんびりしたネット社会はないものか。常に新しいものを求め、新しいものに追いつくのは、大変至難なワザ。

まあ、適当に新しもの好きなら、流されなくてもフワフワ浮きながらついていけるかな。

3月 14, 2010 パソコン・インターネット |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165422/47802679

この記事へのトラックバック一覧です: 誰でも入れるようになったミクシー(mixi) :

コメント

コメントを書く