« 古い写真 | トップページ | 初めての高速、初めてのETC »

2009年7月15日 (水)

第2回「情報を上手に探そう」- NHK趣味悠々「安心安全! 使いこなそうインターネット・メール」

Nigaoe_11 パソコン王子、見ました。童顔の岡嶋さんが扮したパソコン王子、面白いです。名優相手に芝居をやる羽目になるとは想像していなかったでしょう。パソコン講座とは一風変わった感じですが、内容は岡嶋さん専門のセキュリティーがたくさん盛り込まれており、あっという間に終わってしまった。

まず、順番に再放送を録画した第1回を見て、お風呂。気分を変えて第2回。岡嶋さんの初々しさが番組を新鮮にしていた。少しハラハラしていたが、うまく役になりきっている。きっと当人はドキドキなのだろう。そんな感じが、お得意のインターネットの世界に入ると、まくし立てる感じで、差が面白い。はにかみな感じがそのまま出ている。

いろいろなコーナーがあり、特に中高年の人を取り上げているのは新鮮。パソコンの体験談は、パソコンを始めようとしたり、再開しようとしている人にとって励みになるはず。

なんといっても、パソコンは敷居が高い。携帯電話もそうだが、まず入力が大変。インターネットが便利と言っても、検索キーワードを入力するだけでもひと苦労。番組はすごく丁寧で、ゆっくりキーワードを入力していた。このあたりの工夫は、ありがたい。当たり前と思われる入力が、実は鬼門。

検索結果の数が何億あっても、実は数百くらいしか見ることができないのはご存じだろうか。キーワードによるが、グーグルでは500あたりが一応の最後。そのあと、再検索しても良いのだが、ここまで見て、さらに見たいという人はいないだろう。何億ヒットしても、実際に見ることができるホームページは数百。まして50ページもめくって探すのは、僕くらいだろう。だいたいは10ページもめくらないで、ほかのキーワードを入力するはず。インターネットはせっかちさを増進させる道具。心臓が弱い人にはお勧めできないかもしれない。きっと血圧が上がるし、ミラーニューロンも大活躍だろう。

キーワード検索は、現在単語単位で入力しているが、グーグルやグー(goo)などで自然文検索ができるように仕掛けが少しずつ変わっている。ちなみにグーグルの画面で普通に自然文を入力して検索しても、ある程度解釈して検索結果を出している。この自然文検索は大変だが、昔からの夢。もう少し経つと、手応えのあるヒットを体験できるかもしれない。自然文検索が、インターネットの死命を制するかもしれない。

7月 15, 2009 映画・テレビ |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165422/45639681

この記事へのトラックバック一覧です: 第2回「情報を上手に探そう」- NHK趣味悠々「安心安全! 使いこなそうインターネット・メール」:

» 再就職 トラックバック 再就職
再就職を希望通りに実現するためには、退職する前の準備を用意周到にしておく必要があります。再就職のために、しなければならないことを紹介するブログです。 [続きを読む]

受信: 2009/07/16 10:03:18

コメント

コメントを書く