« 似顔絵イラストメーカー | トップページ | 悪癖 »

2009年6月14日 (日)

インターネット・エクスプローラーのタブ領域を拡大する

Nigaoe_28 ホームページでさまざまな情報を探すのが、日常的な作業になっている。グーグル(Google)でキーワード検索して見つけたページを、ホイールボタンでリンクをクリックしてタブに表示しては情報を読む。Ctrlキーを押したままクリックすることもある。タブの設定は、クリックしたら新しいタブに自動的に移るように設定しているので、すぐにタブのページを見ることができる。

そこで見つけたページでさらにリンクを追いかけ、タブが増える。ときに10以上のタブが開いていることがある。不要なら、Ctrlキーを押したままWキーを押して閉じる。また、タブを開く。タブが増えると、タブの幅が狭くなってページのタイトルがわからなくなる。グーグル・クローム(Google Chrome)やファイアフォックス(Firefox)なら、画面の横幅いっぱいにタブが表示されるので、タブが多くなってもタイトルが読めるが、インターネット・エクスプローラの場合、コマンドバーが邪魔してタブが表示しきれなくなる。コマンドバーを別な場所に移して、タブの領域を幅いっぱい使えるようにすると、タイトルが読めるようになる。

コマンドバーを移すには、[ツール]→[ツールバー]→[ツールバーを固定する]をクリックしてツールバーの固定を解除してから、ドラッグして移動する。コマンドバーの左端の|(縦棒)をドラッグすると移動できる。移動したら、もう一度[ツール]→[ツールバー]→[ツールバーを固定する]をクリックしてツールバーを固定する。倍近くにタブ領域が広がり、タイトルが読めるようになる。是非お試しを。

09_06_14_01_400

            ↓

09_06_14_02_400 

6月 14, 2009 パソコン・インターネット |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165422/45319104

この記事へのトラックバック一覧です: インターネット・エクスプローラーのタブ領域を拡大する:

コメント

コメントを書く