« 第5回「印刷上手になりたい」- NHK趣味悠々「疑問解決! やりなおしパソコン講座」 | トップページ | 第7回「安心・安全に使いたい」- NHK趣味悠々「疑問解決! やりなおしパソコン講座」 »

2009年5月 6日 (水)

第6回「1台のパソコンを家族で楽しもう」- NHK趣味悠々「疑問解決! やりなおしパソコン講座」

子どもが学生になると、パソコンを買い与えていた。ただ長女には、家にあるパソコンでいいと決め込んで買わなかった。きっと恨んでいるはず。1台でパソコンを共有。しかもユーザー登録もしないので、1つのデスクトップを共有していた。

レポートやインターネットのお気に入りなど、すぐわかってしまう。自分のは仕事のサブで使っているだけなので、特に秘密めいたものがあるわけではない。娘はいろいろ試していたから、秘密のものがあった。メールのアドレスは別に取得していたが、共有。何でもわかってしまう。だいぶ迷惑をかけた。レポートを毎回手伝ったから文句もいえないかもしれないが……。

途中からユーザーを分けたが、パスワードは設定していない。パスワードほど不確かなものはない。自分の重要度だとは思うが、銀行のカードなら暗証番号を忘れないが、パソコンのユーザーでは忘れやすい。特に設定方法を教えず、ユーザーを作って与えただけ。今では家族分のほか、iPod用のユーザーを追加した。ユーザー数が多いパソコンになった。その上、子どもたちが自分のパソコンも使う。

パスワードを設定するのは大事かもしれないが、家族の信用度で決めたほうがよいだろう。必ずパスワードを忘れてしまう。毎日パソコンを使うのなら、立ち上げるたびに入力するので忘れることは少ないが、ときどき使うなら忘れてしまう。書き留めておいてわかりやすいところに貼っておくのは、パスワードを設定する意味がない。

パスワードを設定したら、誰が忘れるかわからないので、標準ユーザーではなく管理者に設定した方がよい。管理者ユーザーがパスワードを忘れた場合、標準ユーザーしかパソコンを起動できない。この場合、管理者ユーザーのパスワードを削除するのは手間だ。

しかも、標準ユーザーではインストールの設定をまちがえると、使えないソフトも出てくる。ソフトをインストールし直すか、使いたいユーザーでインストールすることになる。ソフトのインストール時、ユーザー選択の画面が出たら、すべてのユーザーを選ぶに限る。


悠気奏「開けゴマ よくある質問」
http://www.cosmomedy.com/

5月 6, 2009 映画・テレビ |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165422/44916870

この記事へのトラックバック一覧です: 第6回「1台のパソコンを家族で楽しもう」- NHK趣味悠々「疑問解決! やりなおしパソコン講座」:

コメント

コメントを書く