« 固定観念 | トップページ | 寒い初春 »

2009年3月29日 (日)

ブラウザー戦争

Internet Explorer 8(インターネット・エクスプローラ 8)の製品版が出た。β版が出たとき、7より速いと喜んだ。製品版もほぼ同じ。問題も多い7よりは使い心地がよい。

Firefox 3も登場。世界ではシェア20%を超えている。スピードも速いし、操作性もよい。HTMLなどのデバッグにも便利。以前、IE 7とFirefoxの両方に対応させるように要望されて悩んだのが、IE 7の特殊性。Firefoxのほうが正しく解釈してHTMLやスタイルシートを表示する。これからまだシェアが伸びるか。

Google Chrome(グーグル・クローム)は、シンプルで操作性がよい。画面も広い。とにかくスピードが速い。快適にネットを歩き回れる。クロームの欠陥といえば、世界、特に日本には、IEやFirefoxのみでしか表示できないページが結構あり、とくにセキュリティーをうたっているページほどその傾向が強い。会員サイトに入れない、手続きができない……。IEなどと、使い分けないといけない。以前はブックマークもほかのブラウザーと互換性がなかったが、正式版でブックマネージャで対応。フリーソフトにもブックマークを複数のブラウザーで共有できるものがでてきて、この問題は決着。でも、まだまだブックマークは使いにくい。

スピードなら、Lunascape 5(ルナスケープ)。エンジンを変えることができ、かなり速い。自分用にいろいろと変えられるのも嬉しく、使いやすく美しくしていた。4から5にバージョンアップしたら、以前の設定に戻らない。バージョンアップだから継承するはずという思い込みがまずかった。設定を保存しておけば済んだのだが……。結局、以前使っていた状態に戻すのは断念し、新しい機能を使いながら、またカスタマイズすることにした。

MACでお馴染みのSafari(サファリ)のWindows版も快適。画面が広く、シンプルなので使いやすい。実際には、それほど使っていない。どうしても5番目。ブラウザーの比較対象という程度にしか利用していない。

ブラウザーの選択肢が増えたのは喜ばしい。スピードや使い勝手で選択できる幅がでてくる。3つのブラウザーを立ち上げているが、けっこうメモリーを使っているためか、動きが重くなることがある。普通に使うなら1つで充分のはずだが、表示が遅いと、ついほかのブラウザーに切り替えてしまう。インターネットはスピードが死命を制する。

きょうの「今日のひとこと 明日の元気」は、

   頼もしい人を求めるのではなく、頼もしい人になろう

でした。
これって、以前出てきたような気がする。まずい。ほとんど同じものが出ないはずなのに。ボロが出てきたか。

悠気奏「今日のひとこと 明日の元気」
http://www.cosmomedy.com/

携帯版「今日のひとこと 明日の元気」
http://www.cosmomedy.com/kotoba/7/7/data/hitokoto-k.php

3月 29, 2009 パソコン・インターネット |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165422/44488851

この記事へのトラックバック一覧です: ブラウザー戦争:

コメント

コメントを書く