« 黒糖かりんとう | トップページ | 水で1kg »

2008年9月29日 (月)

ブラウザ戦争

ホームページを閲覧するソフトといったら、インターネット・エクスプローラ。ウィンドウズに付属し、ネットスケープのシェアを一気に奪ってしまった。市場を占有したかに思っていた。インターネット・エクスプローラは、悪さをしたがる人の恰好の目標になり、対抗してセキュリティ強化でスピードが遅くなり、使い勝手が悪くなっていた。スピード感や先進性、使いやすさなら、ファイヤー・フォックス(Firefox)やサファリ(Safari)。

この間、ファイヤー・フォックスがバージョンアップして速い、快適と話題をさらったかと思いきや、インターネット・エクスプローラのバージョンアップ・ベータ版が出た。確かにスピードアップし、使い勝手もよくなっている。まだうまく表示しきれないページもいくつかあった。スタイルシートの解釈がまだ確定しないこともあるようだ。そこに、グーグル・クローム(Google Chrome)が登場。とにかく速い。体感スピードがかなり違う。しかも使いやすい。機能が少ないことも使いやすさを演出している。画面も広く、無駄を減らしている。ちょっと困ったこともある。ブックマーク(お気に入り)の登録は簡単でスピーディーだが、登録したページ情報がパソコンに保存されない。ブックマークをため込んで、人に見せるのは、オンライン上でしかできない。確かにオンライン上でやる方法も新しいが、データとしてパソコンに残しておきたいもの。これについては、使い回しを考えたい。

ともあれ、ブラウザが騒がしくなってきた。主な4つのシェアが拮抗するようであれば、使いやすさ、スピードなど、使い手にいいことが増えそう。しかも、独自のスタイルシート解釈など変な機能も減るのでは……。使いやすさを追求して無駄な機能をなくし、機能を追加するにはアドインにして欲しいものだ。

9月 29, 2008 パソコン・インターネット |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165422/42614159

この記事へのトラックバック一覧です: ブラウザ戦争:

» ブックマークコレクション トラックバック ブックマークコレクション
本を読むのに欠かせないブックマーク(しおり)のコレクション [続きを読む]

受信: 2008/09/29 15:42:54

コメント

コメントを書く