« さよならセレナ | トップページ | 感動のナビ »

2008年8月12日 (火)

ようこそキューブ

初心者がさっそくキズを付けるのは折り込み済み。買うなら、中古車が常道。でも下取りや運転の気概を考えると、やはり新車。11年前の車と比べると、最新の機能を味わいたい。ただ、運転者が最低4人。彼女もペーパードライバー脱却の機会に……とすれば、5人。買うとなると、うるさい。大きさ、色、形、金額……。小さい可愛いのがいい、乗用車がいい、青いスポーティーなもの、赤いもの……。パンフレットを取り寄せ、ひととおり各自見ていた。試乗の場面でもめて決まらないことを恐れている。あらかじめある程度の方向を決めておかないと収拾がつかなさそう……。息子が夜中、どうする? と声を掛けてきた。ワゴンのようなものかな、と思いながら、君は? と水を向ける。パンフレットを開きながら、スポーティーな乗用車をあげる。小さい車はダメ……などとまずは第一声。これもいいかな……などと注文が付く。ちなみに、彼女は小さいの、上の娘も小さいの……などと息子なりに収集した情報を披露。

すでにパンフレットが届いた段階で、外堀は埋められていた。所有者で契約者で最終判断者で金銭決定者は、孤独にみんなの決定を追従する感じに追い込まれている。といっても、これから乗りまくるものと、ちょい乗りしか用事のないものの力関係ははっきりしている。なくてもいい車を必要としているのは、子どもたち。しかも試乗日にどの車を用意するかの連絡は、彼女。連絡した翌日に、3つお願いした、と報告。もはや内堀まで埋められ、契約するだけ。

販売店の裏の駐車場に着くと、自分達だけが客。赤いキューブを見つけて、可愛いわね……。試乗車とは限らない。いいんですか? はい。どうぞ、お乗りください。周りを眺め、ドアを開け、中に。ひと渡り見て、納得いっている雰囲気。バイクの息子が現れるまで、ほかの車を少し見る。決まりかけているところに登場した息子は、キューブには気乗り薄。乗用車もいまいち。ただ、赤い色が気に入ったよう。ストライプがオプションと聞いても揺るがない。ほかの車も眺め回し、赤いキューブに試乗。まずは娘。全員乗って一区画ほど試乗。軽い、可愛い、静か……運転しながら、すでにご満悦。次に、僕が運転。セレナが染みついた感覚をうち捨て、車高の低い運転席に。新しい車はどれもいいさ、と冷静さをつとめながら、軽いね、割りと加速もいい! などと饒舌。すでに体勢は決していた。

ショールームに全員移り、最終確認。金銭交渉とサインで無事終了。納車の日付だけ確認し、満足げにセレナに乗る。

8月 12, 2008 日記・コラム・つぶやき |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165422/42150285

この記事へのトラックバック一覧です: ようこそキューブ:

コメント

コメントを書く