« リアリティに同調できない | トップページ | 宇宙探検ソフト「mitaka」 »

2008年7月 2日 (水)

フリーソフト文化を育みたいもの

ソフトってとにかく作るのが大変。作りたいと考え始めてから、ユーザーの使う顔を想像し、こんな風に使うと便利だろう……などと構想を膨らませてゆく。作る喜びもあるが、一方でどんな風に使ったらわかりやすいかと悩むことが多いはず。

そんな試行錯誤で誕生してくるソフト。特にフリーソフトは、作者の社会に対するプレゼントだ。無料で使えるなんてあり得ない。無償の成果物を享受できるのは大変な喜び。ひとつの作品を世間に発表し、それを自由に利用できるのはひとつの文化だろう。使う人は無料で使えるが、一方でその文化に触れていることになる。

フリーソフト文化を利用して、育んでいければ、もっといろいろなソフトが、便利なソフトがたくさん輩出してくるはず。楽しみに見守ってみたいもの。

7月 2, 2008 パソコン・インターネット |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165422/41712316

この記事へのトラックバック一覧です: フリーソフト文化を育みたいもの:

コメント

コメントを書く