« NHK趣味悠々「中高年のためのパソコンシリーズ パソコンソフト活用術入門」 | トップページ | フリーソフト文化を育みたいもの »

2008年7月 1日 (火)

リアリティに同調できない

「時の部屋」に籠もっていれば、ほかに意識を紛らわせることはない。ただひたすら没頭すれば済む。「お休みください」。電話の向こうから声に一気に肩の荷が降り、「時の部屋」を出ることに。この世界に戻って、さて溜まりに溜まった書類でも片付けようと30分だけ寝坊して出た土曜日。6か月分積もっていた。伝票を調べると、1月11日。おっと、本当に半年分が手付かず。勢い込んで片付けようとするが、頭が、手がついてこない。何とかいい加減でも入力だけこなす。どんどんやる気が失せ、頭が痛くなる。この世界から逃れるために「時の部屋」に籠もっていたんだ。あまりのリアリティの前に、先に進むことができない。もうダメ! このままこのリアリティを引き受けて作業をするのは無理。頭がパニック! 風呂でも入ろう。気分転換しなくちゃ、とやっとの思いで意識をずらす。そういえば、友人に風呂を誘っていた。風呂という言葉が出たら、もうそれしか救いの道はない。相手の都合などかまっている余裕がない。とにかくこの世界から、このリアリティからいったん逃避しないと持たない! お勧めのお風呂に出かける。

お風呂は、少しだけ値段が高いこともあり、土曜日なのに人が少ない。家の近くの温泉は、土日ファミリーで込む。人の声、人の動きで、のんびりできないこともある。ここはとにかく人が少なく、ゆったりできる。スチーム風呂でのんびり汗を流し、マッサージで肩と頭を揉んでもらう。そのままリクライニングで1時間ほど眠る。だいぶ元気回復。お調子者ゆえ、生ビールと力んでしまった。久し振りだし、風呂上がり。効く。すぐ酔いが回り、テレビを見てゆっくりしていても、帰りが不安になる。まっすぐ北に登れば、歩いて2時間弱。歩ける状態ではない。やむなく電車で帰る決意を固めるのに30分。酔いが回るまま着替えてホームへ。何とか電車を乗り継いで家にたどり着いたのは、普段より早い10時頃。疲れは取れたようだが、まだ酔いが残る。久し振りのテレビを眺めて、ボーとする。

7月 1, 2008 日記・コラム・つぶやき |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165422/41707411

この記事へのトラックバック一覧です: リアリティに同調できない:

コメント

今度は車で送ってあげよう。心おきなく呑みたまえ。

投稿: 孝輝 | 2008/07/01 22:54:42

孝輝君
久し振りのビールには酔いが回る。少し普段の生活に戻れば、大丈夫だと思うけど……。

投稿: hashime | 2008/07/02 9:40:40

コメントを書く