« 低周波治療器 | トップページ | やはり足腰は弱まっていた »

2008年7月 5日 (土)

ピンクリボン・チャリティーと想像力の定位

あるとき彼女が乳のしこりを気にしていたことがある。乳ガンのパンフレットもあった。なっていないことを祈っているが、想像力に欠ける者ゆえ、何をどう言葉にしていいかわからなかった。乳ガンになったらどうしよう、どうなるのだろう、と想像しても、生活の核が異常事態になった場合の対策など考えつかない。まあ、何とかなるさ。いい加減なもの。自分に胃ガンの心配があったら、こんな調子ではないだろうに……。

とはいえ、心配している人のことに思いを馳せることはできる。具体的な心配や危惧、不安までは至らなくても、想像することはできる。その立場にならなくても相手の思いをある程度想像できる。嫌な思いはしたくないだろう。苦しいかもしれない。気分転換に何ができるのだろう……。立場は違えど、想像することで相手に負担を掛けないようにすることだってできるかもしれない。

言葉や写真など、情報を伝えようとする手段にはいろいろあっていいだろう。想像力に訴え、思いを共有(?)できるかもしれないと発信する。発信された情報がどのように想像力を掻き立てるかは、発信者を超えてしまうとはいえ、想定しておく必要がある。特にマスメディアを介して情報を発信するものにとって。そこに想像力の定位と広がりがあるはず。人の痛みを体験できなくても、想像することで相手に疑似共感することはできる。

知り合いが、乳ガン撲滅チャリティーのあり方に抗議している。意志を発信することって、大変なこと。義憤だけなら一過性かもしれないが、言葉にして発信している。この重みに想像をめぐらしてみる。彼女たちの提起したことに定位することで、見えてくる世界がある。想像力に乏しくても、人の痛みに思いを馳せることはできる。想像力こそコミュニケーションの広がりを作るのであれば、定位できる想像力を広げてみたいものだ。

『グラマラス』の乳がん撲滅チャリティ・ヌードに抗議する会
http://www.ne.jp/asahi/call-for-pink-charity-accountability/2008/index.html

7月 5, 2008 心と体 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165422/41741305

この記事へのトラックバック一覧です: ピンクリボン・チャリティーと想像力の定位:

» いよいよ署名活動スタート! トラックバック ブログ:『グラマラス』の乳がん撲滅チャリティ・ヌードに抗議する会
本日、いよいよ署名活動がスタートしました。 『グラマラス』の乳がん撲滅チャリティ・ヌードに抗議する署名です。 ホームページも本格稼働です。署名の趣旨など、くわしくはホ [続きを読む]

受信: 2008/07/06 11:19:42

» オリックス生命のCURE LADY キュア・レディ トラックバック 30社の保険総合代理店
女性に優しい医療保険!今年発売の評判の良いキュア・レディ。 [続きを読む]

受信: 2008/07/08 12:16:14

コメント

元さま
署名のことをご紹介いただき、ありがとうございます!
こうしたチャリティは当事者だけが行えるものなどと言うつもりはまったくありませんが、そう、まさに、もう少し想像力をもっていただきたい。
その声を届け、変化を生むきっかけをつくるべく、頑張ります。

投稿: てらだ | 2008/07/06 11:24:18

さっそく見つけるところがすごい。
掲載してから、連絡しようかと思っているうちに
またドタバタで忘れてしまった次第。

何ができるかというより、声を上げたことに
まずは賛同しなくちゃね。
で、ほかにも声を掛けるようにしましょう。

投稿: hashime | 2008/07/07 23:52:48

コメントを書く