« やはり足腰は弱まっていた-2 | トップページ | かなり回復した足 »

2008年7月 9日 (水)

英語学習ソフト「英単語名人10000」、「えいご漬け」、「英単語のれんしゅう」

7月8日のNHK趣味悠々「パソコンソフト活用術入門」は、「教養を深めたい」がテーマ。
教養って、けっこう悩ましい。情報とか知識を覚えれば教養が身に付くかといえば、そうとは限らない。そもそも「教養」とはかなりあいまい。それをパソコンを道具にして身に付けようとすると、範囲が広すぎる。番組でもそのあたりはおさえていた。

以前、英単語の勉強によいとせがまれたのが、ニンテンドーDS用「えいご漬け」。半分遊びながら勉強できる代物。時代も変わったものと驚嘆した。遊びながら英単語を覚える。そんな時代になっていた。このソフト、パソコン用にあるのをそのときは知らなかった。実際効果があったかまでははっきりしないが、その後次のバージョンをせがんできたから、それなりの効果はあったのだろう。

英単語に限らず、英語を覚えるには反復練習が必須。ゲーム感覚で覚えられるのはうれしいもの。点数が出たりすると、つい力んでしまう。問題は、結構難しいものもある。優しすぎては相手にされなくなるし、少し難しければやる気も出てくるかもしれない。若い頃の記憶をたどりながら、英単語を勉強してみるのも悪くないはず。

それにしても番組には驚いた。テキストで取り上げられているソフトをすべて紹介している、こりゃ大変だ。テキストでは1~2ページで紹介されているものもあるが、1ページに6点紹介されているものまでたくさんある。ページ数に制限があるからやむを得ない。番組ではとにかくすべて画面を出して紹介していた。この姿勢には敬服。番組見て、試してみたくなるソフトがいくつか出てくるはず。もしかして全部やってみないと済まない人もいるかもしれない。

7月 9, 2008 パソコン・インターネット |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165422/41789745

この記事へのトラックバック一覧です: 英語学習ソフト「英単語名人10000」、「えいご漬け」、「英単語のれんしゅう」:

コメント

コメントを書く