« 着るものがない! | トップページ | フリーソフトの作者は温かく見守りたいもの »

2008年6月 1日 (日)

素晴らしいフリーソフト作者

この間、フリーソフトを探しまくった。フリーソフトを公開しているサイト、Vector(ベクター)、窓の杜はもちろん、自分のホームページで公開しているもの、ソフトメーカーが公開しているもの、フリーソフトを紹介しているサイト……。説明を読んで、これは面白いと、まずCtrlキー+Dキーでお気に入りに登録。お気に入りは、すでに分類されているフォルダーに次々と登録していく。続けて、ダウンロード。もちろん、ダウンロードするフォルダーは、決めてある。お気に入りに入れても、ソフトのダウンロードはまだ、というものもある。

ダウンロードしたら、さっそくインストール。ワクワクしながら立ち上げる。はじめに立ち上がる画面を見て、オッと面白そう! と感動するソフトはだいたいその先も面白い。何この画面と思っても、使ってみると、なるほどと納得できるものもある。とにかく最初の画面は作者の個性が出ている。この画面としばしにらめっこ。作者の素顔を見る思い。作者は何考えているかな、何をさせようとしているかな……。とにかく画面とご対面。マウスを動かしてアイコンから現れる説明を見ながら、使いはじめようとする。本来ならReadmeを読んで使い方を調べるのだが、分からなくなるまでは、使いまくってみる。説明抜きでどこまでいじり回せるか、これが勝負だ。

使ってみると、これが楽しい。とにかく何考えて作ったんだろう、どう使えば楽にできるか……作者の意図を探り当てる。自分で分からないのは、きっとほかの人もわからない、はず。自分で説明できないものは、人も使いづらいはず……、と勝手に決めてかかる。ユーザーインターフェースと一般に呼ぶが、ここが勘どころ。いいソフトって、このユーザーインターフェースがいい。作者の思いが画面に出ている。そこを理解できるまで使いこなさなくちゃと思いつつ、そんなに時間はないから、直感を頼る。

フリーソフトの作者が、使う人のことを考えながら作っている姿を思い浮かべ、ニヤニヤしたりする。これって、わざとかな、いや真剣にこの方向に導いているのか。作っているときに悩む姿は、僕の想像を超えているだろうが、元来ソフトのようなものを作るのは好きだから、似たようなもの。作者の意図を捉えれば、ソフトの素顔が少しずつ見えてくる。

そんなことばかりしていると、ほかが試せない。いったん見切りを付けたり、うーんと悩んだり……。そんなことの繰り返し。作者の律儀な性格がよく出ているソフトもあれば、画面じゃないよ、中味よといっている人。いろいろいる。自分の作りたいものを作っているとはいえ、使ってくれる人をイメージして作品を頭いっぱいに描いて作るのだろう。その辺りの面白さは、まだまだ理解できそうにない。

で、いくつぐらいお気に入りに登録したか、いくつダウンロードしたか、まだそこまで気が回る段階ではないが、きっと想像を絶していること間違いなし。時間に余裕があれば、もっともっと作者の素顔を見てみたい。はやる気持ちは先に進んでしまっていた。

6月 1, 2008 パソコン・インターネット |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165422/41375302

この記事へのトラックバック一覧です: 素晴らしいフリーソフト作者:

コメント

コメントを書く