« いーさんと仲良くする秘けつ | トップページ | いとおしくなるチャロ »

2008年4月13日 (日)

ディスプレイご臨終

Rimg0016_200 朝パソコンの電源を入れたら、いつも画面いっぱいに広がっているデスクトップ。背伸びしている! 縦長!? ときどき力を入れて横に広がろうとする。頑張れ! 横に広がれ! と応援。かなり力んでいることはわかるが、少しだけ広がってはまた縦長。まずい、とマウスを動かすと、縦長で見にくいがマウスポインタが動く。右クリックで[画面のプロパティ]を出して、ディスプレイの設定で周波数を変えてみる。元に戻る! 何とか解決。周波数が合わなかったのかな!? そんなわけない! と悩みながら、疑心暗鬼ながら仕事に没頭。いつもと変わらず進行。

翌日電源を入れると、また縦長。昨日と同様、周波数を変えてみる。こんどはダメ。ほかの周波数にも変えてみる。どれを試しても無駄。ディスプレイのボタンを押して、リセットしてみたり、横に広げたり……。一時しのぎであることは承知。でも変わらない。相変わらず、ときどき横に広がろうと踏ん張っている。頑張っているけど、きみ、もうエンドかな。そんなにかまってあげる時間がないんだ。ゴメン、ほかのと変えるよ。確か富士通のWindows 98に付いてきたディスプレイ。10年近くは経っている。よくぞここまで頑張った。そろそろ潮時だろう。

オフィスの端に捨てるように置かれているほかのCRTと取り替えることに。捨てるわけじゃないから……替えるだけだから……勘弁。縦長じゃ、目を細めてもよく見えないんだ。少し休んで、回復できたら、また見せてよ……と、いい加減な言い訳をしながら移し替える。机の上にあがってCRTを持ち上げる。おっと、腰が! 難しい姿勢でちょっと腰を痛める。こりゃ、2~3日後が怖い。何とか作業を終え、新しいCRTの電源オン。明るいのは嬉しいが、クッキリ感がない。ディスプレイのボタンを押してコントラストなどを調整するが、甘い。このCRTだって、10年以上前のもの。こんなに年季が入っているもの、一度お払い箱になったものを再利用するわけだから、明るい、コントラストが甘い……などと文句もいえないか。使えるだけでありがたい。いまどきCRTを使っていること自体、希少価値。年代物。軽いギックリ腰を押さえながら、なんとか日常業務に戻る。

これがパソコン災難の始まりとは、思いもよらなかった!

4月 13, 2008 パソコン・インターネット |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165422/40864974

この記事へのトラックバック一覧です: ディスプレイご臨終:

コメント

遅くなりました。前回の記事では色々ありがとうございます。
それにしてもhashimeさん、日曜日もオフィスでお仕事なんて大変ですね~~。
それから腰を痛められましたか?。お大事にしてください。
いーさんと仲良くって本当ですよね。今まで私の意識していなかったところでとっても大切な仕事をしてくれていた(今でもしている)んですよね。
私の場合胃の噴門部が食道に飛び出してしまっている、裂孔ヘルニアがあるので、私のいーさんは胃と食道を自由自在に行ったり来たりしてしまうのです。これもまた私の意志とは無関係に。。。最近はもうこれはいーさんとも、またあまり仲良くなりたくありませんが、お薬ともお医者さんとも仲良くしていかないといけないと開き直っています。
私の理解では逆流性食道炎は「症状はあっても心配のいらない良性の病気」なのですが。。。
実は私、そういうのに慣れっこなんです。
6年前に生まれた時からの脳性マヒの二次障害でもある「頚髄症」という病気になり、手術したのですが、手足に障害が残り、障害等級が4級から2級に変更になりました。
それ以来整形外科でも、お薬ともお医者さんとも「お友達」です。
それから首、肩、背中の痛み、手の痺れとも。。。
でもこれも「悪いところは手術したから、症状はあっても心配ない」のです。
手術した時は子供達は二人共小学生、幼い子供達を家に残して私は3か月入院しました。主人も大変でした。
周りの人達は「子供も小さいし、若いのに大変だ」と言いました。
でも私は子供達が小さかったから、子供達のために頑張らなければという気持ちを持てたし、だから頑張ってリハビリできて、回復できたかな?。と思っています。子供達に対しても「いてくれてありがとう」っていう気持ちが持てました。
おっと。。。主人を忘れてた。。。勿論主人の優しさにも気付きました。
子供達もかなり自立して、ある意味大切なことを学んでくれたと思います。
主人もかなり料理の腕を上げました(今はあまり腕を発揮してくれませんが)
今私の握力は12.家事をするのがやっとです。でも家族のために食事を作ったり、朝早く起きてお弁当を作ったり、子供の学校行事に参加したり、結構はりになって楽しいです。それがまたリハビリにもなるんです。
今は子供達が自立した後の「生活のはり」また「楽しめること」を見つけています。
歌うことが好きなので教会の聖歌隊に入ってみようかな、なんて考えています(今体験中)
逆流性食道炎もそれの応用ですね。
折角の人生、できるだけ楽しく過ごしたいですよね。
hashimeさんに勇気をもらいました。
ありがとうございます。

投稿: きゅうちゃん | 2008/04/14 1:43:47

コメントを書く