« 生きるためのレシピ -ショートSF- | トップページ | NHK趣味悠々「いまさら聞けないパソコンABC」アンコール放送 »

2007年12月23日 (日)

アウトルック・エクスプレスが重い!

毎日わんさか飛んでくるメール。迷惑メール対策が効いて、削除する不快さは減った。アウトルック・エクスプレスを見る。Gメールを開く。ときどき、Yahoo!メール、Windows Liveメールも覗く。分散させた分、あっちこっちのメールソフトを駆け回る。

メインのアウトルック・エクスプレスには、ごまんとメールの山。ルールを作って仕分けは自動だが、なかなか削除できない。すると、どんどん増える。時間を見つけて削除する。捨てられないものも結構あるが、メールの数が多いと、動きが重くなる。立ち上がる時間がかかる。

そこで、不要なメールを削除したら、[ファイル]→[フォルダ]→[すべてのフォルダを最適化]で適正化する。削除してメールの件数は減っても、フォルダの容量は変わらないが、最適化すると削除した分だけスリムになる。適正化しないまま件数が減ったから、フォルダの容量も減る、ということはない。器は膨らんだまま。最適化すると、ある分だけのピタッとした器になる。これで、ソフトの動きがだいぶ違う。

念のためと残しているメールが結構ある。万が一のため。でも、ほとんどそんなことに遭遇したことがない。そこで、受信トレイや送信トレイごとバックアップしてしまう。この作業は、ちょっと悩ましい。

まず[ツール]→[オプション]で[オプション]画面を開き、[メンテナンス]タブの[保存フォルダ]ボタンを押す。そこにメールが保存されているフォルダが表示される。わかりにくいので、[変更]ボタンを押し、[フォルダの参照]画面を出し、フォルダの場所をメモする。[キャンセル]ボタンを押して画面を消し、[マイコンピュータ]からメモした保存場所を探す。[Microsoft]フォルダの[Outlook Express]フォルダを見つけたら、この[Outlook Express]フォルダをコピーする。[Outlook Express_07_12_23]などと変えると、バックアップした日付がわかる。

これで、バックアップはお仕舞い。このあと、不要なメールはバッサバッサと削除する。万が一のメールはバックアップしてあるから、普段見ないものは思いっ切り削除できる。送信トレイのメールを削除できるのが、何とも嬉しい。これって、かなり堪っている。削除したら、最適化する。これで、かなり軽くなる。

バックアップしたメールを見るときは、まず立ち上がっているアウトルック・エクスプレスを閉じる。これをしておかないと、不具合発生の可能性あり。次に、さっきの[Microsoft]に移り、[Outlook Express]フォルダの名前を変える。たとえば、[Outlook Express_backup]などと。このあと、バックアップした[Outlook Express_07_12_23]フォルダを、[Outlook Express]フォルダに名前を変える。つまり、[Outlook Express]フォルダを、アウトルック・エクスプレスが見て、受信トレイに表示する。見終わったら、アウトルック・エクスプレスを終了し、さっき名前を変えたフォルダを元の名前に変え、暫定的に変えた[Outlook Express_backup]フォルダの名前を[Outlook Express]に戻す。

少し手間がかかるが、動きを軽くできるし、バックアップもできる。

12月 23, 2007 パソコン・インターネット |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165422/17438715

この記事へのトラックバック一覧です: アウトルック・エクスプレスが重い!:

コメント

コメントを書く