« 疲れ休み | トップページ | NHK趣味悠々「手作りカード・年賀状」のお手伝い »

2007年10月31日 (水)

第13回 もっとパソコンを楽しもう NHK趣味悠々「中高年のための いまさら聞けないパソコンABC」

番組もついに最終回。夏の甲子園がはじまる頃から秋深き10月末まで。さすがに最後は、新しいことを映像で紹介していた。

最近の新しいものは大半がインターネット絡み。日常的に使うもの、ソフトやハードの大半は、大きな進歩がなくなったともいえる。以前なら毎年のようにソフトが変わったり、パソコンが変わったりと、とにかく追いかけるのが大変。当然新しいものだけでなく、古いものも覚えておかないとまずい。新しいものの流れを知るには、古いものからどう変わってきたかが重要。多くは使い勝手を向上させてきた。ハードやソフトが激変しないようになり、インターネットが常時接続できるようになった。おかげでインターネットで時間や場所を越えて情報をやり取りしたり、作品や自分を出したり……。

今回紹介していた「セカンドライフ」。ゲームっぽくて面白そうと、会員登録はとっくに済ましていたが、その先に進めない。まとまった時間が取れないから、入り口で何度か立ち止まったまま。情けない。時間がないなどといっているうちに、またまたいろいろと新しいことが出てくる。「脳内メーカー」という占いのようなものが流行った。ブログの炎上もいくつかあった。

新しいことって面白い。いずれまとまった形で書きたいと、いつも思いつつ、なかなかまとまらない。パソコン側からいうとユーザビリティー、使う側からいうと自由自在に、とらわれずに、というのがキーワード。便利な道具はうまく使って役立て、余った時間をほかのことに活用……、これが追い求めてきた道具の歴史でしょうか。

10月 31, 2007 映画・テレビ |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165422/16930155

この記事へのトラックバック一覧です: 第13回 もっとパソコンを楽しもう NHK趣味悠々「中高年のための いまさら聞けないパソコンABC」:

コメント

コメントを書く