« ひげ剃り | トップページ | 茶柱が立つ »

2007年9月19日 (水)

第7回 漢字を入力しよう NHK趣味悠々「中高年のための いまさら聞けないパソコンABC」

普段メールなどでよく誤変換を見かける。単純な候補の選択ミスもあるが、まったく意味不明なまま送られてくることもある。おおよそ文脈から判断できるが、まあわからなくてもいいかと気にしないこともある。自分のメールなら失礼と読み返す努力はしているが、早とちりゆえ避けられない。ご勘弁を。

漢字の変換は辞書が司っている。ウィンドウズにはじめから入っているMS-IMEはだいぶ辞書が良くなったが、昔はひどかった。当時はほかにもいろいろなメーカーから辞書が出ていた。ワープロソフト「一太郎」で有名なジャストシステムのATOK(エイトック)は、昔から辞書が優れもの。辞書の候補が充実していたり、正しく変換する確立が高かった。有料だからもったいない気もするが、よく文字を入力する人にとって辞書は貴重。少しお金をかけてもいい辞書を欲しがる。例に漏れず僕もATOKを使っている。

現在、2つの日本語入力システムがパソコンに入っている。普段はATOKなのだが、ある拍子にMS-IMEに変わっていることがある(この拍子を結構調べたが、決まったきっかけを探せない)。とたんに変換の仕方や文節区切りが異なるので、ストレスがたまる。仕事柄、両方使って比較することがある。結構MS-IMEとATOKでは違う。どっちがいいかはいいにくいが、語彙数やヒット率が明らかに異なる。もちろん学習していけば、同じような結果が出てくる。でも、何度も同じような入力をしていると、ここでこの漢字が出てくるはず、と考えているのに、その結果が出ないと腹だってしまう。難しいものだ。この入力時のストレスって、パソコンの場合、結構ある。人間の思考まで読み込んで辞書を作るのが、辞書作りの課題。

9月 19, 2007 映画・テレビ |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165422/16499059

この記事へのトラックバック一覧です: 第7回 漢字を入力しよう NHK趣味悠々「中高年のための いまさら聞けないパソコンABC」:

» 最後まで、しっかり サポート致します! トラックバック 絶対に迷わせません
今なら、完全なる不労所得を得る事が出来るのです。 ネットで不労所得を確保することは、簡単に出来ます。』 [続きを読む]

受信: 2007/09/19 20:54:58

» 趣味悠々 2007/09/19~09/25 トラックバック (メモ的)話題の動画・情報収集ブログ 第一倉庫 最新キーワード
趣味悠々についての最近の情報です。 [続きを読む]

受信: 2007/09/26 1:22:16

コメント

感じと変換漢字
何時もではないけれど、思う漢字が変換の中にない。
面倒だ、仮名でいこうかとなります。
そこでわたしの変換方法。
国語辞典で探る→其れをIMEパッドの手書きで探し当てる→ツールで登録。まあ、やり方は古いでしょうがこれが一番やりやすいようです。
国語辞典はいつも手元に置いています。
誤字、脱字はしょっちゅう有りますが、是はわたしのミスで。

投稿: あーちゃ | 2007/09/20 19:14:44

恥ずかしい話で、「漢字」を「感じ」で変換ミスしたのを多くの人に見られてしまいました。ご指摘いただき、すぐなおしたのですが、すでに遅かったですね。

国語辞典を手元に置いているんですか。僕は、goo辞書やウィキペディアなど、インターネット辞書を使ってしまうので、最近辞書を脇に置いてないです。あるのは、『NHK新用字用語辞典』。仕事で必須の辞書です。

投稿: hashime | 2007/09/20 23:33:09

コメントを書く