« 扇風機 | トップページ | 夏休み »

2007年9月 5日 (水)

第5回 ソフトを使ってみよう-NHK趣味悠々「中高年のための いまさら聞けないパソコンABC」

「ペイント」というお絵かきソフト。かなり前からウィンドウズに入っている。ソフトの機能もさほど変わっていない。本格的に絵を描くには、心細い。レイヤーという下敷きのようなものがあれば、気軽に描いて重ねられるのに……。そもそも絵心がないので描きもしないが、思うことだけは一丁前。でも、エアーブラシを使うと、それなりの絵に仕上がる。強く押すと、濃くなり、速くドラッグするとかすれる。自信がなくても描こうと思えば、結構使える。逆に僕のような素人には、向いているのかもしれない。

番組では、印刷したものを額に入れていた。描いた本人は照れていたが、額に入れると、結構な作品になる。不思議なもの。画面で見てヘタッピと思っても、印刷して額に収めると意外や意外、ちょっとしたアートになる。僕には自信がないが、恥ずかしくても出てしまった作品が2つもある。本の中に収まったり、額に入ったり、写真に入れたりと、見せる方法を考えると、見違えるかもしれない。番組はそういうところ、すごく意識するものだ。本ももっと意識する必要がある……と感心させられた。

「ペイント」のいいところは、ドラッグの練習になること。僕もそうだが、ドラッグでは結構しっかりボタンを抑えたまま引きずる。結果、指と腕が痛くなる。張ってくることもある。休憩しないと、ブルブルと震えだす始末。描き始めは指が痛くなって、こんなこと続けられるか、と痛い指から力を抜く。それでも描けるのに驚いたことがある。なんだ、適当でいいんじゃないか。とはいっても、まったく力を抜くわけにもいかず、そのバランスが難しい。何度かチャレンジすると、ツボを会得する、はず。僕の場合は、短気ゆえ長続きしないので、判った気になって頭でっかちになるだけ。もう少し我慢強ければ、絵も少しはうまくなるかも。まあ、それは望み薄か。

9月 5, 2007 映画・テレビ |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165422/16348270

この記事へのトラックバック一覧です: 第5回 ソフトを使ってみよう-NHK趣味悠々「中高年のための いまさら聞けないパソコンABC」:

コメント

昨晩は・・・
気がついた時は11時
来週の昼みます。

投稿: あーちゃ | 2007/09/05 22:58:30

ペイントで描いた4人の絵、けっこう様になっていました。
是非、ご覧ください。

投稿: hashime | 2007/09/05 23:46:09

コメントを書く