« 体の塩もみ | トップページ | だだちゃ豆 »

2007年8月 8日 (水)

第1回「パソコンを見に行こう!」 NHK趣味悠々「中高年のための いまさら聞けないパソコンABC」

テキスト発売から2週間。いつもなら、発売の翌週だから、だいぶ待たされた。特に今回、テキストの意匠が変わり、クイズ形式になった。番組がどんな具合にするか、読者、視聴者の反応はどうか、すごく心配だった。

いつもより20分ほど早く会社を出て、ハードディスクレコーダーに録画した番組を見る。いつもの音楽が鳴り、少し落ち着く。1回目なのにハードルが高い。難しいパソコン用語が次々と出てくる。番組はどうするか?

さすがテレビ。パソコンショップをスタジオに再現。このあたり、テキストではできない。と、視聴者代表の方に質問。やったぁー、クイズだ!
クイズ形式はものを覚えるのに役立つ便利な方法。でも、クイズに答える人には、ある前提が要求されている。その前提抜きでは、クイズはまったくチンプンカンプン。ある程度知っているだろうという前提がある。パソコン用語はカタカナ語が多く、しかもアルファベットあり、省略語あり、何がなんだか分からないものが多い。しかも、次々と新しい用語が出てくる。このあたりが悩みの種。

番組では一人ひとりに質問していた。とにかく番組をクイズ形式で進めていくのが分かってひと安心。それと、パソコンの中を開けて、用語を説明していた。さすが。初心者にここまでするかという懸念がある。実は、パソコンを開けて見ても、実際どんな働きをしているかはわからない。でも、実物を見ると、こんなものだったのか、データをためるものがハードディスクかなどと、物と一体でイメージでき、何となく納得できる。特に、概念をしっかり理解しながら覚えていくタイプの方には、まずは見てみよう! は用語を理解するきっかけになる。

小林さんの明るい笑顔と佐々木さんの優しい解説。さすがに息が合っている。これから面白く展開されそうで、嬉しくなった。

8月 8, 2007 映画・テレビ |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165422/16046005

この記事へのトラックバック一覧です: 第1回「パソコンを見に行こう!」 NHK趣味悠々「中高年のための いまさら聞けないパソコンABC」:

コメント

わかっている様で生半可。
覚えてる様で忘れてる。
しょっちゅうです。
初心に還って勉強します。

投稿: あーちゃ | 2007/08/08 20:57:12

ことばって、
使わないものは身に付かないのでしょう。
使おうとすれば、覚えるというものでもあるので
あまり気にしない方がよいと思います。
うろ覚えでもいいのでは、と思ってしまいます。

投稿: hashime | 2007/08/08 22:35:28

コメントを書く