« パソコンお釈迦 | トップページ | 砂を噛む体操 »

2007年3月27日 (火)

シャットダウン

パソコン用語には、実にたくさんのカタカナ語があり、パソコンを馴染みにくくさせている。「シャットダウン(Shutdown)」もその一つ。パソコンの電源を切ってお仕舞いにすることの意味。実に固いことばで、「お仕舞い」とか「終了」などと訳してもよいはず。なのに、いろいろと意味合いの違いで、結局英語のままカタカナ語に収まってしまったようだ。翻訳者と採用者の掛け合いって、こんな感じかな。

翻訳者:「終了」ってとこですかね。
採用者:「スタート」で始まるのに、「終了」じゃ、対にしたら変。スタートにはエンドとかフィニッシュでしょう。でも、原語がShutdownだからね。
翻:なら、面倒だから、「シャットダウン」のままでは?
採:それで、いいのよ。
翻:いいんですかね、冗談ですよ。
採:悩んでいても、そのうち馴染んでしまうさ。

どうせなら、シャットダウン → シャッターダウン → 店じまい → お仕舞い……。こんな連想で、「お仕舞い」ぐらいでもいいのでは?

カタカナ語って、日本文化の特長のひとつだけど、どうも馴染めないことばが結構ある。もう少し考えて名前を付けて欲しいもの。対で考えたりする人って、そう多くはないのだから。

3月 27, 2007 パソコン・インターネット |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165422/14428816

この記事へのトラックバック一覧です: シャットダウン:

コメント

コメントを書く