« 第13回こうなる!パソコンライフ NHK趣味悠々「もっと楽しめる!パソコンライフ」 | トップページ | 号外 緊急シンポジウム-「三池」と「夕張」から日本を掘る ~集まれ、炭鉱に思いをよせる人 監督 熊谷博子 »

2006年11月 2日 (木)

NHK趣味悠々「パソコンアートを楽しもう!」のお手伝い

NHK趣味悠々の火曜日、11月から「パソコンアートを楽しもう!」が始まる。テキスト制作のお手伝いをしたので、ちょっとだけ予告編。

年賀状シーズンに突入。毎年悩むのが、文面にどんなものを入れるかってこと。昨年は写真、一昨年は……。さて、今年は? そこで簡単にオリジナルのイラストを描いてみては? 四角や丸などを組み合わせるだけで素敵なデザインやイラストが出来上がってしまう。

講師は、島袋千栄さん。絵を描くソフトは、付録CD-ROMに体験版が付いている。今回の特徴は、レイヤー。透明な下敷きのようなものに四角描いたら、新しい下敷きに丸描いて……と下敷きを重ねるようにしてイラストを描く。失敗を気にせず、イラストができてしまう。このレイヤーが使い慣れると、ほかのソフトが使いにくくなるほど便利なもの。

島袋さんが描いた通りに描くと、同じようなデザインが出来上がるから不思議。しかも描き手によって個性が出るから面白い。さすが島袋さんはプロ。ちょっとした四角形の重なり具合でも、絵心のない僕とは違う。でも、それでいいのだろう。

印刷のしかたなども丁寧に説明されている。応用範囲も広がり、年賀状だけでなく、ネームプレートやクリスマスカードなどにも役立つ。

絵を描くソフトは、3本使っている。ウィンドウズに標準で付いている「ペイント」。写真の加工などにも使える「アドビ フォトショップ エレメンツ」。絵筆で絵を描ける「コーレル ペインター エッセンシャルズ」。
講座では、慣れないマウスで絵を描くのを避け、図形を組み合わせてデザインやイラストを描くことが中心。これなら、あまり悩まずに描ける。マウスを絵筆のように使うとなると、少し時間がかかる。年賀状のシーズンが終わってしまいかねない。このあたり、初心者にもよく配慮されている。

第1回目は、11月7日(火)午後10時から。テキストは、書店で発売中。

話は少し変わるが、近くの大型書店・芳林堂書店。例年は、年賀状本が山積みになっていた。これだけの本、誰が買うのだろうと心配していたが、今年はやめていた。ほかの書店やヨドバシカメラなどは、相変わらず年賀状本だらけ。それほど売れないと判断したのだろうか、芳林堂書店さんは。レジで本を渡したときに、この本の置き方っていいですね、と声をかけたら、キョトンとしていた。言っている意味が伝わらなかったようだ。ちなみに、手習い塾シリーズは目立つところにドーンと平積みだった。もちろん、『パソコンアートを楽しもう!』と『楽しもう!パソコンライフ』も平積み。

11月 2, 2006 パソコン・インターネット, 映画・テレビ |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165422/12519061

この記事へのトラックバック一覧です: NHK趣味悠々「パソコンアートを楽しもう!」のお手伝い:

コメント

いままであれこれ設定しましたが、「ラベル屋さん」で
すぐに出来上がりまして重宝しています。
有難う御座いました。
keith

投稿: keithozawa | 2006/11/03 12:59:57

こんにちは。
「ラベル屋さんHOME」って、本当に便利ですね。
どの用紙でもOKというわけにはいきませんが、
用紙メーカーのソフトだから仕方がないでしょうが
簡単便利とよくできているソフトですね。
欲を言えば、もう少し操作性を良くしてもらいたい、
画像の操作を増やして欲しい……と
いろいろあるんですが
無料ですから仕方ないですね。

投稿: hashime | 2006/11/04 11:12:02

コメントを書く