« コスモメディ・ホームページ「悠気奏」オープン!! | トップページ | 小金井・江戸東京たてもの園 »

2006年10月21日 (土)

大変きれいです 胃カメラ

逃げて逃げまくっていたのは、体の調子が優れないからではない。あの太い胃カメラを飲むのはゴメンだったから。ビールのように喉越しの切れがあればいいが、とにかく喉を通るのが大変。食道に降りてから、胃との噴門部が鬼門。ファイヤー。炎症が起きていて胃カメラが通らない。圧を掛けて広げようとする。ゲップが出る。涎がゴクゴク! 全身麻酔しましょうね、とまで言われてしまう。

何度飲んでも胃カメラはダメだった。胃のレントゲンで要検査。毎回のこと。健診センターの医者に勧められ、紹介状持って女子医大へ。日頃の行いがいいのか、偶然細い胃カメラがやってくる。タイミングが良かったですね、と女医さんに脅されて鼻からの胃カメラに挑戦。

逆流性食道炎は10年以上前から。その後、いたって健康。不規則な日常生活。生活習慣病そのままだったが、健康優良児のようなもの。でも、胃ガンの心配もありますから、必ず見てもらってください、とお叱りをいただいていた。

待つこと45分。そろそろしびれを切らした頃、お呼びがかかった。何というタイミング。口からの胃カメラ、ダメだったんですよね。初診時とはうって変わって優しく声がかかる。こっちは若干緊張気味。鼻に麻酔を垂らして、細い紐状のもので試し。鼻詰まっていませんね。では、右からしましょうか。あらっ、右は通らないわ。それじゃ左から。通っていく感覚がない。食道を降りていますよ。そういえば、少し食道を刺激している。あっ、炎症がひどいですね。

痛くないですか? 少しの痛さは我慢するつもりでいたが、あの苦しさがない。すでに胃に入っている様子。こそばゆい。空腹時に胃が動いたりする感じ。胃カメラが胃壁に当たっているのだろう。洗いますね。洗浄液が入り、ズズーと吸い出す音。痛いときは声掛けてくださいね。はい、返事ができる。喉を通っていないから当然。看護婦さんがしきりに背中を撫でてくれる。楽にしてくださいね。はい。さほど苦しさがないので、返事も軽い。

きれいですね、だから胃酸が出てくるのでしょう。えっ? よくわからない。心配した胃ガンはなさそう。少し胃が張っている感じ。そうか、圧入れて胃壁を広げているのだろう。目を開けてもいいんですよ。開けてみた。女医さんが、管持って目の前に。すぐ目を閉じる。美人だから照れてしまう。はい、息吸って、そのまま。じっと我慢。はい、息吸って。えっ、もう無理! これ以上吸えない! そうだったわね。はい、吐いて。きれいきれい、そろそろ終わりです。確かにそろそろ限界。肩の力を抜いてリラックスのつもりが、肩に力が入っていた。こそばゆい胃カメラの突端は何ともないが、噴門部に当たる管が刺激しているのだろう。

はい、終わりました。どうでしたか? いやあー、全然苦になりません。胃はきれいです。心配ないでしょう。食道の炎症はひどいですが……。前からそこが問題だった。でも胃カメラで見えない胃に何かあると疑っていた。とにかく胃は健康。助かった。この機械、病院にも少ないので感想書いていただけますか。えっ、この場で。私に気兼ねせずに書いて構いませんよ。はい。とにかく楽。こんなに楽なら、もっと早めに受けて誤解を解きたかった。でもこの胃カメラ、数が少ない。もっと台数増えれば、みんな楽に検査受けるのに。

鼻の奥に炎症のような、できもののようなものがありますね。専門じゃないから、耳鼻科行ってください。受付時間が終わったので、いつでもいいですが、必ず受けてくださいね。検査のリレー。解放してくれないようだ。それと、薬。毎日飲んでください。はい。

すっかり楽になった気持ち。口から胃カメラ飲んだときは、喉に苦しさが残ったが、鼻には痛みが残らない。少し鼻水が出るだけ。次回の診察と、耳鼻科の予約を取ってから、秋晴れの病院を後にした。

10月 21, 2006 心と体 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165422/12346190

この記事へのトラックバック一覧です: 大変きれいです 胃カメラ:

» 少女が豊胸手術を決意するとき トラックバック 茨城高三の日常ブログ
はじめまして。面白いブログなのでお気に入りに入れさせて頂きました。よろしければ私のブログも見て頂ければ幸いです [続きを読む]

受信: 2006/10/21 21:37:26

コメント

コメントを書く