« 第9回デジタル写真で遊ぼう NHK趣味悠々「もっと楽しめる!パソコンライフ」 | トップページ | コンサート用に体を鍛えたら 宇多田ヒカル »

2006年10月 5日 (木)

盛り上がりに欠ける安倍内閣提灯記事

新内閣が誕生すると、提灯記事が踊るマスコミ。安倍内閣もいろいろもてはやされているが、どうも雰囲気がよろしくない。ファーストレディーなる奥様のフレッシュな話題はあるが、取り巻きで固めた党・内閣人事。論功賞で表に登場した、機を見るに敏な人々。そこが見えてしまう。

日本では首相が短命で、2~3年でコロコロ変わり、結局、官僚のいいなりに政治が進むのが特徴だった。どうせ短命とマスコミの提灯記事も華々しかった。あの首相の器から甚だしく遠い存在だった森首相も、持ち上げ方といったら異常だった。
ところが、5年以上続いた小泉首相。この間、首相が変わらなかったので、首相交代劇の提灯記事、権力闘争記事の書き方を忘れたようだ。

もちろん、大勢が安倍首相に流れて、権力闘争にもならなかったが、提灯記事を書いても浮ついてしまって、こりゃないよねって記事にできなかったことが多いのだろう。持ち上げるだけのサプライズもなかった。しかも、威勢のいい発言がない政治家。どうしても落ち穂拾いのように詮索するしかない。

小泉首相の計らいで、マスコミが毒牙を引き抜かれてしまったのだろう。マスコミ、特にテレビが政治ワイドショーとして、面白いネタにばかりに目を向けさせてしまった。その陰で進行してしまった社会保障や年金、高齢社会などの、今後の日本を揺るがす大問題も、真面目すぎて継続的に取り上げられないまま、面白い話題を追いかけてしまっていた。ネタ探しに狂奔するマスコミにとって、安倍首相は人気とは裏腹に、大変地味。マスコミ受けしない。かといって、森首相のように毒もない。結局、鳴かず飛ばずの提灯記事に収まってしまった。

どうせなら、あやふやな政治姿勢を質す、というマスコミの本領発揮を期待したいもの。中途半端な提灯記事より、新内閣にも、政治家にも、政治そのものにも効果的だが。

10月 5, 2006 経済・政治・国際 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165422/12151243

この記事へのトラックバック一覧です: 盛り上がりに欠ける安倍内閣提灯記事:

コメント

コメントを書く