« 1日1万、10日で10万  自分史 | トップページ | 第7回自分の好きな音楽を集めよう NHK趣味悠々「もっと楽しめる!パソコンライフ」 »

2006年9月19日 (火)

高麗巾着田 曼珠沙華

連休3日はどうせ仕事。休みなし。天気予報は、台風も手伝って数日は雨か曇りがち。16日の朝、日ざしが出ていた。これはチャンス。仕事行く前にちょっと見てこよう。北山公園の花しょうぶは、ぐずぐずしていて逃してしまった満開。

電車は逆方向。目指すは、高麗巾着田の曼珠沙華。さて、どこで降りれば。準備なし、車内のポスター探せば……。見つからない。確か西武池袋線。所沢乗り換え、奥地へ。飯能の先か前か。他にも行く人いるだろう、ついていけば……。いない! そのまま終着飯能で降り、ホームで情報探し。おおー、高麗駅、あと2つ乗れば行ける!

綺麗な田舎の駅。駅員が「曼珠沙華をご覧の方は……」と叫んでいる。当たり、とひと安心。何人かのグループや夫婦連れがバラバラに歩みを進める。しまった、トップ切ってしまった! 道知らないのに。いいや、どうせ道案内があるだろう。追い越されるようにゆっくり歩くが、誰も追いつかない。抜いてくれれば場所わかるのに。

何とか道案内を頼りに辿り着いたのは、だだっ広い湿原風の畑。駐車場案内が出ているから間違いなし。確か200円の入場料。どこかに売り場があるはず。観光案内場と覚しき建物に入って、おばさんに声を掛けた。まだ無料です。18日から200円。ムッ? まだ一分咲きですから。エッ、今度は早かったか! まあいいさ、一分咲きでもカメラに収めておこう! 巾着田へ。そう、水田だったんだ、だから水路がたくさん。

川沿いの日陰に可憐に咲いていた。確かに満開とはいえない。でもすでに観客は多い。カメラを向ける人が多いのも安心。ヘタッピの僕がカメラ向けて、鑑賞の邪魔になったらと心配していた。小さい花だが、大きく広げたおしべ(かな?)が麗しい。まばらに咲いた花で人が散っている。ゆっくりシャッターを切れる。カメラで気が付いたことは後日談へ。

今年は少し遅い開花らしく、10月頭まで鑑賞できるようだ。とにかく、感動の花です、曼珠沙華。悟りを開きそうな想いに溢れたまま、仕事、仕事と会社に向かった。

9月 19, 2006 携帯・デジカメ |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165422/11949721

この記事へのトラックバック一覧です: 高麗巾着田 曼珠沙華:

コメント

花(曼珠沙華)~~~
合歓の花も素敵でしたし、
曼珠沙華も一段と豪華ですね。
折々に変わるブログの背景何時も大好きです。

投稿: tadukoあーちゃ | 2006/09/20 15:38:37

惚れ惚れとする美しさです。
電車の車内ポスターとは違って
目にしたものが
写真になると
いとおしさも感じてしまいます。
不思議なものですね。

投稿: hashime | 2006/09/20 20:29:13

コメントを書く