« R55 | トップページ | 時間よ止まれ  不思議な少年 »

2006年9月 2日 (土)

御岳山 レンゲショウマ

Rimg0046_800 見ていても、どうってことない、特に感動しない花ってある。ところが、カメラに収まると、姿を変える花。それが、レンゲショウマ。

御岳山の富士峰園地の北斜面に咲く。毎年夏になると、出かけて写真に収める。小さい花。肉眼で見る分には、小さく白い花というだけ。ところが、デジカメで接写すると、まったく様相を一変する。可憐で美しい。自分で撮った写真とは思えないような姿を現す。ジーと見ていると、いじらしい姿が大写しになる。現場で見た印象から、一人可憐さといじらしさを独占した歓びに浸ってしまう。

今年も多くの人で賑わっていた。急斜面の山道には、カメラを構えた人がいっぱい。撮影の邪魔にならないように歩くのは大変。みんな、目はカメラに。通り抜けようとする人がいるなどと考えていない様子。デジカメの素晴らしいところは、失敗を恐れず何枚でも撮れること。その中に至玉の1枚がある。撮れたときの感動は格別。筆舌尽くしがたく、ただただディスプレイを眺めている。

9月 2, 2006 携帯・デジカメ |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165422/11719159

この記事へのトラックバック一覧です: 御岳山 レンゲショウマ:

コメント

コメントを書く