« アイポッドを買って、安易に音楽交換に走ってしまう若者 | トップページ | 2台のパソコン切り替え »

2006年9月 6日 (水)

第5回コミュニティーを作ってみよう NHK趣味悠々「もっと楽しめる!パソコンライフ」

今回のテーマ、インターネットでのコミュニティーって説明が難しい。番組では、招待型のSNS(ソーシャル ネットワーキング サービス)、mixi(ミクシィ)を取り上げていたが、これって会員から招待されない限り、どんなことやっているのかまったくわからないという代物。うわさを聞いても、どんなコミュニティーなのか想像がつかない。流行っているといっても、名前すら聞いたことがない人が多いはず。

番組では、招待状が来るところから、会員登録、プロフィールの作成、日記の書き方、コミュニティーへの参加と、ミクシィを画面で紹介していた。よくぞここまでやった。実際の画面を交えて、具体的な操作を解説していたが、プライバシーなどがあり、ここまで紹介するのは大変。詳細に紹介された分、ブラックボックスがかなり明らかになったはず。
テキストじゃ、こんなに説明できない。番組のすごいところだ。英断といってもいい。SNSの概念をおさらいするのなら、テキストが少しは参考になるはず。

ミクシィが爆発的なブームで広がっているが、会員に参加者がいないと、まったく関係ない世界。つまり、誰でも入れるわけじゃない、というのがミソ。僕も入るまでは苦労した。何をやっているか、知りたかった。でも、友人に聞いて、招待してよって催促するのは、ちょっと気が引けた。適度に保っていたお互いの距離が崩れ、プライバシーの侵害になるかもしれない。友人が誘ってくれればいいが、友達付き合いの悪い僕を誘ってくれるという甲斐性のある友人なんかいない。

入ってみると、いろんな人がいるのがよくわかった。噂通り、若い人が多いのにいビックリ。でも、少ない中高年がしっかりしたコミュニケーションを図り、徐々に数と存在感を増してきていた。いまなら、結構増えたはず。

参加している人、いろんなこと考えている。コミュニティーに参加するだけで、いろんな発言に、なるほどと納得したり、面白いこと考えていると驚いたり。本当に不思議な空間を作っている。SNSって、動いているって感じがする。

ところで、実社会のコミュニティーには、町内会、趣味のサークル、近所の井戸端会議などいろいろあるように、インターネットにもSNSだけでなく、メールマガジンやメーリングリスト、ブログなどいろいろある。実社会では、自分に合った交流の仕方をしているように、インターネットでも自分に合った交流方法を探すのが、いいのでは。どれもそれぞれに特色があり、交流の仕方も少し違う。メーリングリストで交流を深めているうちに、仲間からミクシィに招待されるかもしれない。いろいろな付き合いをして、インターネットやパソコンを楽しめれば……って思ったりする。

友達付き合いの悪い僕は、どうもうまく馴染めないようだ。

9月 6, 2006 パソコン・インターネット, 映画・テレビ |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165422/11781754

この記事へのトラックバック一覧です: 第5回コミュニティーを作ってみよう NHK趣味悠々「もっと楽しめる!パソコンライフ」:

コメント

コメントを書く