« 誤解を生む鳩胸、難聴 | トップページ | 地学の教科書で目覚めた宇宙 »

2006年3月15日 (水)

満開・小金井公園の梅林

ume0100_800 久し振りに天気に恵まれた日曜日。春を探しに散歩。途中、小金井公園の梅林に立ち寄る。桜が有名な公園だが、江戸東京たてもの館の近くに、梅林があった。ベンチや原っぱにはお弁当を持った家族連れや知り合いどうしで賑わっていた。

ume0202_800 黄色く小さい花を付けたサンシュユに、白梅、紅梅が透き通った青空に重なり、春近し。風が出ると、写真がぶれるので、スポーツモードでチャレンジしたり、接写(マクロ)モードで撮影したり。周りをトボトボ歩いたり、中に入ったり。これはという構図が見つかったら、カメラを向ける。

ume0094_800 携帯電話のカメラ、三脚に固定した一眼レフ、コンパクトのデジカメと、カメラ多し。お弁当広げている人たちに悪いので、できるだけ離れて歩く。一回りしたら、公園をあとにした。

ume0130_800 梅がバラ科だって。バラって、トゲがあって愛情など感情を激する花といったイメージ。梅のどこがバラ科なのか不明。梅と桜の区別もろくに付かない。3月下旬頃咲く花が桜、それより前なら梅。その梅がバラ科といったら、頭の中バラバラだ。

公園を出て少し歩くと、海岸寺に一本白梅が満開で誰もいない。ゆっくりと周りを眺めて、淡い香りを独り占めにした。

ume0162_800

3月 15, 2006 携帯・デジカメ |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165422/9108634

この記事へのトラックバック一覧です: 満開・小金井公園の梅林:

» ◆岐阜の梅林公園の満開の梅 (ピンク編) トラックバック てらまち・ねっと
 岐阜市内に岐阜市営の「梅林公園」があります。地元の皆さんの協力で維持されているようです。市の中心部にある梅の名所。  2月にはロウバイを見てきました → 梅林のロウバイ  3月15日、快晴の昼過ぎに満開の梅を見てきました。 「ピンク花編」 「白花編」  「紅花と混色の編」 の3回に分けて紹介します。    (写真の横一列は同じ品種だと思います・・・) (どの写真もクリックすると拡大。写真右下あた... [続きを読む]

受信: 2006/03/19 15:58:02

コメント

コメントを書く