« はじめてのたわごと | トップページ | 博士の愛した数式-読後 »

2006年2月 4日 (土)

デジカメ購入顛末記

最近のマイブームはデジカメ。いつでもどこでも一緒だ。何かいいなあと思ったらパシャ。おおこれもいい、パシャ。出歩くのが楽しい。ときには、追っかけとまちがえられて煙たがられ、白い目でにらまれる。人に向けちゃまずいよね、やっぱり。

ある仕事で新しいデジカメを購入する気になって、カメラ量販店のヨドバシカメラに勢いよく出掛けたのは昨年夏。あるわあるわ、ものすごい数のデジカメ。それに、ものすごい人だかり。カメラの前には二重三重の人。通路が埋まっている。勢いに押されてカメラを見ることもできない。脇にあるカタログを手にとっては、遠巻きにカメラを探しては、あれだな、と納得。何せ、気が小さい僕。人を押しのけてカメラの前まで出るなんてできない。オロオロしているだけ。

面倒くさがりなのに、歩くのは苦にならない。日頃の運動不足解消にと、ウオーキングが趣味。小さく道端で咲く花を見ては、カメラに収めたい。眺望のいい風景ならズームで撮りたい。しかも軽く、小さく、ポケットに入るやつと欲張る。液晶画面は大きいやつ、とカメラを持ち歩く姿を想像して夢を広げていた。撮ってよ、って声をかけてくる花たち。パシャ。そう、シャッターチャンスを逃さない起動時間の早いやつ。ズームも光学10倍は欲しいな。前のデジカメ、デジタルズームで痛い目にあったから。印刷したらぼけていた、せっかくビッグスターのコービー撮ったのに。

店員さんお勧めのカメラまで人をかき分けて進む。手を伸ばして、これどうですと渡してくれる。0mmからのマクロ。でも、ポケットに入らない。なら、こっちはどうです。ピント合うのが遅い。ではこれは。一人ならカメラに触ることもできなかったけど、今はVIP待遇。いくつかに絞られたが、ここからがまた大変。悩んでいるうちに、愛想尽かされて店員さん消えてしまう。さてどれにしようと、あちこち動き回る。さっきまでの気弱さはどこかへ、図々しくシャッターを半押しして液晶画面を覗く。でも決まらない、もう嫌。そこへ別の店員さん。お勧めは変わらない。そのとき、ズーム10倍のズングリムックリの隣で、ぼくでどう、と声をかけるカメラがある。スッとピントが合う、軽く小さい。ズームも速い。で、かわいい。ズームは5倍だけど、そこはガマン。スタイルのシンプルさ、操作性の良さ、ズーム以外はどれもイメージピッタリ。見れば見るほど可愛い。というので、買ったのがリコーのCaplio R2。リコーなんて宣伝もしていないけど、結構優れものだと悦に入る。手にした紙袋を下げて意気揚々と店をあとにするまで2時間だった。

2月 4, 2006 携帯・デジカメ |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165422/8500463

この記事へのトラックバック一覧です: デジカメ購入顛末記:

コメント

人混みとの格闘、お疲れ様でした、
お気に入りのデジカメ、見つかって良かったですね。
お写真楽しみです~
今日のお写真も綺麗ですね。
梅、もう咲いてるのですか?
偕楽園の梅は全然でした。

投稿: lily | 2006/02/05 23:16:40

lilyさん
コメント、ありがとうございます。
写真は人に見せるほどではないのですが、撮った僕の宝物、へたでも見てもらえば嬉しいと写真が語っているので載せてしまいました。

これからも下手な写真、お付き合いください。

ところで、梅の話。偕楽園、残念でしたね。今度僕の梅、載せます。

投稿: hashime | 2006/02/05 23:46:56

コメントを書く