« 娘の大学受験 | トップページ | 養老孟司著『無思想の発見』-読後 »

2006年2月23日 (木)

ライブドア・堀江貴文氏の出直しに期待

プロ野球・近鉄球団の買収などで華々しくデビューしたライブドア・堀江貴文。テレビや新聞で見る限り、既存の秩序を破壊するエンターテイナーとして陰ながら応援していた。文化放送株の買収では、法の網すれすれだったらしいが、そんな手を使っても、現在の経済秩序を破壊している感じがして面白く見ていた。IT関連をはじめとしたグローバルな展開が現実に進行していて、既存の支配層が遅れを取っていることは明瞭だったが、誰も手を付けられずにいそうなことに果敢に挑戦していた。自民党の応援を得て、総選挙に出馬したときは、愛嬌かなと達観していた。マスコミに踊らされつつ、巧にマスコミを利用し、ビジネスや停滞している政治経済構造をたたいて、実に楽しそうだった。

偽計など、証券取引法違反容疑で逮捕され、最近は、粉飾決算で株価操作と騒がれている。僕は株を持っていないし、あまり興味もない。でも、容疑って、実はライブドアを倒そうとはじめから計画した検察の謀略ではないかな。株主などには実害があるのだろうが、こんな突拍子もないアクシデントで株価が下がるとは思っていなかっただろうが、株やるのだからリスクは仕方がないだろう。
偽計や粉飾決算にしても、ライブドアに限らずほとんどの企業がやっていること。目の敵にされると、こんなことでたたかれるけど、どの企業でもすねに傷を持っているはず。
昔、何年かに一度ある税務調査のとき、特にごまかしがない経理に、税務署職員が困った顔をした。「お土産がいるんだよ」と会計士さん。何それっ。実はどの会社でも経理をごまかし税金を少なくしているから、必ず余分に税金を取れるとのこと。世間で言う節税って、ギリギリの脱法行為なんだろう。それを大半の企業がやっている。

このままライブドアをやりたい放題にしたら、秩序が壊れると思ったのだろう。実際そんな感じに進展していた。でも経済界に限らず、停滞した感じが否めない現状を変えようとしたことも事実だ。政財界の重鎮が怯えていたことでもわかるし、その尻馬に乗って自民党・小泉首相まで調子にのっては、旧態依然とした秩序が壊れてしまうと危機感を抱いたのではないだろうか。少しずつ着実に改変するためには、跳ね上がりは邪魔って寸法だ。
でも、ホリエモンが動いたから見えてきたものがたくさんある。それは気分的にも高揚するもの。これって、実は僕の勝手な深読みで、よく見てみると、ホリエモン何をしようとしていたか、ちっとも明確ではない。ただインターネットを始め、ものすごい勢いでグローバル化が進んでいる現在、対応がすすまない苛立ちはある。グローバル化、IT化っていっても、あまり影響ないものもある。これって、日本的とか人間的ってものかもしれない。これからは激しい動きとひっそりとたたずむ世界が微妙なバランスの上に共存していくのだろうが、アメリカやEU、中国、韓国、インドなどからの外圧でない、オリジナルの変革に向かっていきたいもの。そんな意味でホリエモンにも期待したい。買いかぶりかもしれないが。

2月 23, 2006 ニュース |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165422/8807060

この記事へのトラックバック一覧です: ライブドア・堀江貴文氏の出直しに期待:

コメント

コメントを書く